米国Rainbow Fish Fiber Optic.社製 光ファイバーHDMIケーブル取り扱い開始のお知らせ

PR TIMES / 2012年6月4日 9時30分



株式会社エミライ(emilai inc. 本社:東京都中央区,代表取締役社長:河野 謙三)は,アメリカのカリフォルニアに本拠を構えるRainbow Fish Fiber Optic.社製品の取り扱いを開始いたします。6月中旬からの出荷を予定しており,同社製品は株式会社アバック,株式会社ダイナミックオーディオ並びにオーディオ/ビジュアルの専門店及び当社Amazonストアページにてお買い求め頂けます。

■ Rainbow Fish Fiber Optic.社について
米国カリフォルニアに本拠を構えるRainbow Fish Fiber Optic.社は,高性能な光ファイバー製品を設計,製造すること目的として2008年に設立されました。同社は光ファイバーを使用することにより高い忠実度で音声,映像,データを転送する仕組み作りに取り組んでおり,同社独自の回路を使用するHDMIケーブルは世界初の光ファイバー一体型HDMIケーブルとなります(Rainbow Fish Fiber Optic.社調べ)。

同社製品はホームシアターカスタムインストーラーの職能団体であるCEDIAの2011年度「CEDIA Manufacturers' Excellence Awards Finalists」に選出されるなど,その高い技術力が非常に注目されています。

■ 本製品取り扱いの狙い
従来より,金属導体を使用したHDMIケーブルは長距離の信号伝送が非常に困難であることで知られています。他方,高品質なHDMIケーブルを製造するためには多大なコストが必要で,かつ構造上の理由により取り回しが悪化してしまうのが現状です。

本製品は,上記の問題点を解決するために開発された,超長尺の通信が可能でありながらEMIノイズフリーの高画質・高音質を実現し,かつコストパフォーマンスに優れる光ファイバーHDMIケーブルです。

特に通信業界においては超大容量の通信に対応するために世界的に光ファイバーケーブルが多く使われており,メタルケーブルの需要は年々減少しています。また,家庭用オーディオ・ヴィジュアル製品分野においても超大容量の通信が求められています。家庭用オーディオ・ヴィジュアル製品分野においても,いち早く光ファイバーケーブルへの需要に応える必要があること,およびPCオーディオ分野でもHDMIケーブルを使用する製品が増加していることに鑑み,当社の主力商品である家庭用オーディオ・ヴィジュアル関連機器およびPCオーディオ関連機器のシナジーと,当社が取り組んでおりますPCオーディオ環境における低ノイズ化への取り組みの一環としてRainbow Fish Fiber Optic.社製品の取り扱いを開始いたします。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング