1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

家族介護者の約6割が「1日の介護に費やしている時間は5時間以上、自由時間・休息時間は1~3時間のみ」と回答!!

PR TIMES / 2012年12月5日 16時13分

-介護をする家族のためのQ&A サイト「安心介護」会員向け実態調査結果-

 株式会社エス・エム・エス(本社所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:諸藤周平)が運営する、介護の悩みを介護の専門家に無料で相談できるQ&A サイト「安心介護」( http://ansinkaigo.jp/)は、会員を対象に介護現場における家族介護者(家族介護者とは、高齢者の介護をされているご家族のことです。)の“介護に費やす時間・休息時間”の実態調査を実施いたしました。

 高齢化社会が進み、介護疲れ等が原因による事故・事件が多発しており、介護の在り方などについて高い注目を集めています。そのような中、本調査では調査に回答した家族介護者の54%が1日あたりに5 時間以上も介護に時間を費やしていると回答し、また、1日の自由時間・休息時間で見てみると、68%が1日あたり1~3 時間程度しか自由時間・休息時間がとれていないと回答しています。
 以上の結果から、家族介護者は1日の1/5 以上を介護に費やし、また介護と同時に仕事や家事も行っているため、自由時間・休息時間をほとんどとれていないことがうかがえる調査結果となりました。



【家族介護者の54%が1日5時間以上を介護に費やしている!】
 家族介護者のうち54%が1日あたり5時間以上の介護に時間を費やしていると回答しています。(図1)
 介護状況別に介護に費やす時間をみてみると、1日あたり8 時間以上を介護に費やしている人の割合が、「近くに協力的な親族がいない」人で34%と高く、「近くに協力的な親族がいる」人の18%と比べて約2倍となりました。(図2)


【家族介護者の68%が1 日1~3 時間しか休めていない!】
 家族介護者のうち68%が1日に1~3 時間程度しか自由時間・休息時間がとれていないと回答しています。(図3)
 家族介護者が自由時間・休息時間をとるために利用するサービスとして、44%が「介護保険サービス(ショートステイ)」を利用していると回答し、次いで25%が「介護保険サービス(訪問介護等の在宅サービス)」を利用していると回答しています。一方で「保険外サービス」や「地域のボランティアサービス」については全体の3%ほどしか利用が見られず、介護保険外サービスの利用は、まだまだ介護現場には浸透していないことがうかがえます。(図4)。
 また、家族介護者が自由時間・休息時間を確保できた時に行っていることとして、「習い事などの趣味や映画観賞・読書をする」がもっとも多く、次いで「ネットで情報検索」「気の許せる友人に会って会話をする」という意見が目立ちました。さらに、自由時間・休息時間が確保できたらやりたいことで見てみると、「温泉や、海外へ旅行に行きたい」「まとまった睡眠をとりたい」がもっとも多く、「マッサージにいく、何もしないでゆっくりしたい」という意見も目立ちました。

詳細につきましては、下記URLをご参照ください。

http://prtimes.jp/a/?f=d4239-20121205-3021.pdf


【調査実施概要】
 ・調査対象:「安心介護」会員
 ・有効回答数:227
 ・調査方法:「安心介護」サイト内
 ・調査期間:2012年2月7日~2012 年5月15日


【『安心介護』とは ( http://ansinkaigo.jp/)】
株式会社エス・エム・エスが運営する、ご家族の介護をする方が介護の専門家にWEB 上で無料で
相談できる国内最大級の介護のQ&A サイトです(2012年3月現在の利用者数は約3万人)。


◆◇◆本件に関する問合せ先◆◇◆
株式会社エス・エム・エス 介護ユーザ事業部
 住所    :東京都千代田区神田須田町1-23-1 住友不動産神田ビル2号館
 電話番号 :03-5295-7396
 e-mail   :info@ansinkaigo.jp
 URL     : http://ansinkaigo.jp/                                               

                                                                          以上

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング