交通安全教育にも役立つ一冊。『交通事故に遭った時、あなたを救うたった一冊の本』重版のお知らせ。

PR TIMES / 2012年9月18日 9時43分



交通事故が増えるこれからの季節に万全の備えを。
交通事故に遭った時に必要となる知識とノウハウが満載の書籍が、新たな判例を追加して再登場。

より身近なリーガル・サービスを目指す弁護士法人アディーレ法律事務所 (東京都豊島区、代表弁護士:石丸幸人、以下アディーレ)は、書籍『交通事故に遭った時、あなたを救うたった一冊の本』(丸善プラネット)を重版いたしましたので、お知らせいたします。

本書は、不幸にも交通事故に遭ってしまった時に、被害者が必ず知りたいと思う「事故発生後の対応方法」と「適正な補償を受けるための知識」に関して弁護士が詳しく解説した書籍です。事故発生から治療、示談、訴訟に至るプロセスや、複雑な保険会社と賠償金・示談金との仕組みに関するわかりやすい解説で多くの方からご好評いただき、紀伊国屋書店をはじめ多数の書店で週間売り上げ1位を獲得いたしました。ご好評につき在庫切れとなっておりましたが、今回内容に一部修正を行い、重版いたしました。

重版にあたって、平成22年5月27日に京都地裁で下された違憲判決に対応するため、外貌醜状に関する解説を加筆・修正したほか、それに基づいて改正された「自動車損害賠償保障法施行令 別表」を収録いたしました。

これから年末にかけては、交通事故の発生件数が大きく増える時期です。また、9月21日(金)からは「秋の全国交通安全運動」が実施され、全国各地で交通安全に関する啓蒙・啓発活動が行われます。当事務所でも、これに先立ち、毎日新聞社が主催する「平成25年使用交通安全年間スローガン募集」に全所員を挙げて参加、多数の候補作を応募するなど積極的な啓蒙活動を行っております。今回の重版は、これらの活動の一環として行ったものです。

そのほか、当事務所では、代表弁護士の石丸幸人をはじめ、TVや雑誌などで活躍する篠田恵里香など、交通事故被害者の救済に積極的に取り組んでいる弁護士を多数抱えており、日本全国から寄せられる被害の相談に対応しています。彼らは「日本交通法学会」や「日本賠償科学会」など交通事故に関する法学的、医学的研究を行う学会にも所属しております。

こうした取り組みがご評価いただけた結果、本年9月には人身事故の被害に関する相談件数が6,000件を突破いたしました。アディーレでは、今後も交通事故の被害に遭われた方への対応や情報発信を積極的に進め、ひとりでも多くの被害者をご支援していく所存です。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング