マンションISP国内シェアNo.1(※1)のつなぐネットコミュニケーションズ、 小規模集合住宅向けに最適化したインターネットサービス「Five.A」をリリース

PR TIMES / 2020年6月19日 18時40分

~賃貸などの小規模集合住宅向けに、初年度10万戸の受注を目指す~



 マンション全戸一括インターネット接続サービス(※2)を提供するアルテリアグループの株式会社つなぐネットコミュニケーションズ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:大橋 一登)は、この度、小規模集合住宅向けに最適化されたインターネットサービス「UCOM光 レジデンス Five.A(ファイブエー)」をリリースいたします。
[画像: https://prtimes.jp/i/7041/23/resize/d7041-23-558081-0.jpg ]

             小規模集合住宅向けインターネット「Five.A」ロゴ

 当社は、通信事業者であるアルテリア・ネットワークスのグループ企業で、その保有するネットワークを活用して「マンション全戸一括10Gタイプ(光配線方式)」などの高速インターネットサービスを他社に先駆けて提供するなど、中大規模の物件を中心に高いご評価を頂いてきました。一方で、近年は賃貸用などの小規模集合住宅向け(20戸以下)でのインターネット一括サービス導入が急拡大していることから、当社グループの経験や技術力を結集し、この度、小規模集合住宅向けに最適化したサービス「Five.A」を開発し、販売を開始いたしました。

 「Five.A」は、IPv6への対応も可能なIPoE(※3)などの次世代ネットワーク方式を採用することで、全国エリアで快適なインターネット環境を提供いたします。小規模集合住宅での生活において必要不可欠なWi-Fi環境も標準装備するとともに、利用方法や問い合わせには有人のオペレーターに加えて、24時間365日の対応が可能となる「チャットボット」も採用し、中大規模の集合住宅同様の品質を提供いたします。
 「Five.A」は、価格面でもコールセンターでの「チャットボット」採用による自動化、小規模集合住宅に合わせた機器選定、オプションサービスの見直しを行うことで、高品質でありながらもコストパフォーマンスに優れたインターネットサービスを実現しています。これにより、小規模集合住宅での快適な住まいや付加価値向上、および入居率向上や賃料安定化に貢献します。
 「Five.A」は、今後も様々な先端のICT技術を取り入れ、アルテリアグループとして独自に保有する光アクセス回線や技術を活用しながらサービス内容を拡充していく予定で、アパート・マンションにお住まいになる入居者の利便性向上とオーナー様への物件価値向上を最大限に満たすサービスをご提供することで、社会貢献してまいります。
 なお、初年度には10万戸の受注を目指します。

【Five.Aの主な特徴】
・賃貸集合住宅向けの全戸一括型のインターネットサービスです。
・アルテリアグループが保有する、高品質なビジネスユースのネットワーク網の一部を利用し、かつIPoE方式を活用するため、高速で安定したインターネットが利用可能。急速に普及するテレワークや動画視聴の利用にも適しています。
・コールセンターへのチャットボットを採用、小規模物件に合わせた通信機器の選定、オプションサービスの見直しなどによりコストダウンを図り、料金をUCOM光 レジデンス シンプルタイプ比で30%程度低減できます(例:新築8戸モデル価格での比較)。
・モバイルでのインターネット利用も増加傾向にあることから、高速なWi-Fi環境を壁面に標準装備。契約期間中の保守 交換も無料で対応するため、オーナー様や入居者様にも末永く安心してご利用いただけます。
・利用方法や問い合わせには、「チャットボット」が窓口となり迅速な対応が可能に。また、内容に応じて有人のオペレーターも対応するため、安心してご利用いただけます。

【初年度の受注目標戸数】
初年度10万戸以上の受注を目指します。
詳細は、以下サービスサイトをご覧ください。
Five.Aサービスサイト  https://www.tsunagunet.com/fivea/

【つなぐネットコミュニケーションズの今後の展望】
当社は、Five.AなどのUCOM光 レジデンス、e-mansionインターネットサービスに加えて、マンションのICTインフラおよびアプリケーションサービスを統合的に管理・提供する「マンションICTプラットフォーム」構想を強化していきます。今後は、マンション理事会運営支援ツール「Mcloud(エムクラウド)」を中心に様々なアプリケーション開発を強化することで、建物に加え、居住者に向けても価値のあるサービスを展開してまいります。また、「マンションICTプラットフォーム」は、当社サービスに加え、他社サービスとも連携が可能なため、マンションライフを向上させるアプリケーションの開発を加速させ、将来にわたってマンションライフの質やバリューの向上に貢献いたします。

(※1)株式会社MM総研「全戸一括型マンションISPシェア調査(2019年3月末)」
(※2)マンション全戸へインターネットを一括導入することで、高速・高品質な光回線を高いコストパフォーマンスでご提供するサービスです。株式会社つなぐネットコミュニケーションズはマンション全戸一括型インターネット接続サービスで国内シェアNo.1の導入実績をもち、分譲マンションや賃貸の大型物件にも多くの実績があります。
建物までのアクセス回線に日本最速最大10Gbps(※4)の専有型光回線を使用するインターネット接続サービスや、マンション宅内まで光ファイバーを引き込む「光配線方式」、コストパフォーマンスに優れた「LAN配線方式」、既存のメタル線(電話用屋内配線)を利用した次世代型高速通信規格「G.fast方式」など多様なサービス・通信方式を取り揃え、マンションインターネットライフをサポートします。
(※3)フレッツ網からインターネットに接続するための新しい接続方式のひとつで、従来型の「PPPoE」という接続方式でボトルネックとなっていた網終端装置を通らないインターネット接続方式。
(※4 ) マンション全戸一括FTTH ベストエフォート型インターネット接続サービス市場において(2018年4月末時点 当社調べ)

<株式会社つなぐネットコミュニケーションズ 会社概要>
会社名 株式会社つなぐネットコミュニケーションズ
代表者 代表取締役社長 大橋 一登
所在地 東京都千代田区大手町2-2-1 新大手町ビル
設立 2001年1月24日
資本金 150,000万円

(注)ニュースリリースに記載されている内容は、発表日時点の情報です。 ご覧になった時点で、内容が変更になっている可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング