伊・アルカンターラ 2015-2016 年 秋冬 コレクションを発表

PR TIMES / 2014年8月26日 9時23分

良質な仕立てと挑戦の融合



【イタリア・ミラノ発】イタリアの高級カバーリング素材メーカーであるアルカンターラ社(本社:ミラノ)は、2015-2016 年秋冬コレクションをこのたび発表しました。今回のコレクションは、世界的に人気の高い写真共有ソーシャル・ネットワーク、「Instagram」からヒントを得て誕生しました。4つのテーマで構成された作品には、それぞれ「Instagram」の用語が使われています。

2015-2016 年 秋冬 コレクション、ワールドプレミアの発表は、先月ニューヨークで開催されたテキスタイル展示会、Premiere Vision New York (7月22-23日)で行われました。さらに、9月には、ミラノで開催されるMilano Unica (9月9-11 日。ホール 04、スタンドG06)、そしてパリのPremiere Vision Paris (9月16-18 日。ホール 06、スタンド 6K23)と世界へ向けた発表が続きます。

「Instagram」よりネーミングされた4つのテーマ

■インクウェル(INKWELL=白黒写真風効果)。最初のテーマは、インクウェル。白黒の本質を表現しています。主な特徴は同系色による効果を演出。単色からなる箔(はく)を何層にも重ねて使う技法や白と黒のコントラストを強調したプリント柄などが発表されました。あえて色抜きをしたような薄い色と手編みのメリノ・ウールの白い魂がよりシックな印象を与えています。また、レジンコーティングやウェルダー接着したアルカンターラ素材のアップリケ、バイカーを連想させるポリウレタン加工を提案しています。

■アーリーバード(EARLYBIRD)
控えめでファジーな青と紫の濃淡をテーマにしたのがアーリーバードです。パーフォレーション加工したアルカンターラを通して見える銅箔や玉虫色に変化する色彩は、顕微鏡で覗いた自然界を見ているようです。石片をアルカンターラに張り付けたのは今回初めての試みですが、素材の魅力をさらに強く表現することに成功しました。

■ロー・ファイ(LO-FI) は、まさにアクティブさを表現しています。多彩なテクスチャ、カラー、テクノロジーを混ぜ合わせ、アルカンターラの美しさと多様性を見事に引き出しています。まるで、大胆な色にチャレンジする画家のパレットのように、素材が使われています。ストライプと水玉が素晴らしいコントラストを生み出し、原色がよりソフトな中間色と混在し、デジタルプリントとレーザーカットが一体となり協力しあっているようです。その表現力は3次元の世界へと導きます。これはアルカンターラ素材をウレタンフォームや各種3D素材と結合することで実現しました。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング