脂がのって濃厚。10月が旬の新鮮な「戻りガツオ」を食べに高知へ!高知はカツオ消費量全国1位!「戻りガツオ」の旬到来

PR TIMES / 2016年8月30日 12時31分

“高知家の食卓1位”「藁焼きたたき 明神丸ひろめ店」のカツオの藁焼き、 本場黒潮町ならでは1本釣りしたカツオをその日のうちに「日戻りカツオ」、 土佐さがのもどりガツオ祭(2016年10月15日開催)、 など



「戻りガツオ」が旬

高知はカツオ消費量全国1位!※10月が旬の「戻りガツオ」

 カツオは、年間に購入する量が全国一であるほか、「高知の魚」にも選定されるなど、高知県民にとって馴染みの深い魚です。
 カツオの美味しい季節は春と秋の二回あり、3月~5月頃に黒潮に乗って太平洋岸を北上するものを「初ガツオ」、その後、東北・北海道沖を回遊し9月下旬~11月頃に南下してきたものを「戻りガツオ」と呼びます。
 「初ガツオ」は「目には青葉、山ホトトギス、初ガツオ」と詠われ、縁起の良い初物とされています。脂が少なくさっぱりした淡泊な味わいで、鮮やかな赤色をしています。
 一方、「戻りガツオ」は回遊しながら餌をたっぷり食べているため、脂がのって濃厚で、ピンク色をしており、「トロカツオ」と呼ばれ、大変美味です。
[画像1: http://prtimes.jp/i/9537/23/resize/d9537-23-173365-19.jpg ]

※高知市の1世帯あたりの年間カツオ購入量は断トツの日本一で、全国平均の5倍近い約4.5kg(総務省家計調査。平成25~27年平均)


高知のカツオ漁は「一本釣り漁業」

高知県のカツオ漁は、一本釣りがほとんどです。カツオ一本釣りの船は、2月~3月ごろ太平洋へ出漁し、グアム島の近くから小笠原、東北地方の沖まで、約10ヶ月間カツオの群を追いながら漁を続けます。
高知県民にとって、お刺身はもちろんのこと、全国的にも有名な「カツオのたたき」は、食卓に並ぶポピュラーなメニューです。
[画像2: http://prtimes.jp/i/9537/23/resize/d9537-23-346301-20.jpg ]



[画像3: http://prtimes.jp/i/9537/23/resize/d9537-23-145734-21.jpg ]

第13回土佐さがのもどりガツオ祭〈黒潮町〉2016年10月15日開催!


カツオの水揚げ量県内一を誇る黒潮町。地元の漁師のおかみさん達が、一年の豊漁と海上安全を感謝する気持ちで始めたお祭。カツオを愛し、たらふく食べたいお客さんに新鮮なカツオと幡多地域の地域産品で“おもてなし”をします。カツオの一本売りも実施。
・開催日時:10月15日(土)9時半~15時
・場所:佐賀漁港(幡多郡黒潮町黒潮1番地)
・入場料:無料
[画像4: http://prtimes.jp/i/9537/23/resize/d9537-23-481553-22.jpg ]

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング