日本酒メーカーWAKAZEがお届けするフレッシュ果実の甘酒ブランド「SOYOKAZE」6月1日より予約販売開始

PR TIMES / 2020年6月1日 13時3分

~受注生産でつくりたてをお届け!フレッシュなノンアルコール甘酒~

日本酒スタートアップ株式会社WAKAZE(本社:山形県鶴岡市 代表取締役CEO:稲川琢磨)は、日本の地域性×発酵をテーマにした”旅する甘酒”ブランド「SOYOKAZE(そよかぜ)」を立ち上げ、6月1日より自社オンラインストアにて予約販売開始します。注文を受けてから造る受注生産により、フレッシュで美味しい甘酒ライフの提供を目指します。



[画像1: https://prtimes.jp/i/17151/23/resize/d17151-23-515672-0.jpg ]

●フレッシュなクラフト甘酒『SOYOKAZE』
SOYOKAZEは、日本酒メーカーWAKAZEだからこそ生み出せる発酵のチカラと、日本の各地方にあるフルーツのテロワール(地域性や土地のよさ)を掛け合わせたノンアルコールの新ブランドです。これまでの「お正月に飲む」甘酒のイメージを覆し、毎日の日常に寄りそうヘルシーで美味しい甘酒ライフを提案します。
フレッシュでヘルシーな美味しさを実現するために、新鮮な生のフルーツと米麹と米だけを原料に、保存料や着色料は一切使わない無添加製法で造り上げます。
また、造りたての味わいをお楽しみいただけるよう、ご注文いただいた数だけをcraft SAKE brewery「三軒茶屋醸造所」(東京都 世田谷区)にて丁寧につくりあげる完全受注生産でお届けします。今後は季節にあわせた日本各地のフルーツの味わいで、日本のテロワールを表現していきます。

[画像2: https://prtimes.jp/i/17151/23/resize/d17151-23-412559-11.jpg ]



●発酵を極めた酒蔵での麹の甘酒造り
WAKAZEは、2018年に東京都世田谷区三軒茶屋に、飲食店に併設する4.5坪のcraft SAKE brewery「WAKAZE三軒茶屋醸造所」を立ち上げました。23歳の杜氏(酒造りの最高責任者)が率いる醸造チームは平均年齢が20代という若さを活かし、創造性豊かなレシピを年間40種類以上生み出しています。手掛けるSAKEは、日本酒の発酵の過程でフルーツやお茶など、他の植物性素材と供に発酵をさせた「ボタニカルSAKE」や「フルーツどぶろく」など、これまでの常識を打ち破るものばかりです。酒造りで培った深い発酵への知見を持ち、情熱を燃やす若いチームだからこそ生み出せる新しい甘酒のあり方をSOYOKAZEで提案をします。

通常の日本酒造りでは、麹は甘味を生み出す「黄麹」を選ぶことが多いですが、WAKAZEの酒造りには「白麹」を多く使用します。甘酒づくりにおいても白麹を選ぶことで、麹由来の自然な甘味はもちろん、さっぱりとした酸味を生み出し、ジューシーなフルーツとの相性も実現させました。

[画像3: https://prtimes.jp/i/17151/23/resize/d17151-23-421905-4.jpg ]

[画像4: https://prtimes.jp/i/17151/23/resize/d17151-23-877354-12.jpg ]



●日本の豊かな地域性を感じるフルーツ
“そよ風が日本列島を吹き抜けて旅する”ように、甘酒を通じて日本の誇るテロワール(地域性や土地のよさ)を美味しく体感するブランドとして「SOYOKAZE」と名付けました。日本にはそれぞれの地方に特産物があり、特にフルーツは四季を通じてテロワールを感じる彩り豊かな味わいがあります。各地方の名産であるフルーツにスポットライトをあて、農家さんの顔が見えるように、全てのフルーツ甘酒には生産者の名前を記載します。こだわりを持った農家さんの新鮮なフルーツと、WAKAZEの造り手の情熱が交わる中で、試行錯誤を繰り返し丁寧に甘酒をつくり続けます。

[画像5: https://prtimes.jp/i/17151/23/resize/d17151-23-542509-3.jpg ]



●『SOYOKAZE』商品概要

[画像6: https://prtimes.jp/i/17151/23/resize/d17151-23-468407-2.jpg ]

予約販売開始日:2020年6月1日
価格:3本セット 1,980円(税抜)
内容量:300ml/本
発売サイト:WAKAZE公式オンラインストア
  ( https://www.wakaze-store.com/

※数量限定のため、今後の予約開始時には公式LINEにて発信を行ってまいります。


「SOYOKAZE~プレーン~」
フルーツの入っていない、甘酒本来の味わいを楽しめるプレーンタイプです。米は山形県産つや姫を使用。味わいの決め手となる麹には、WAKAZEの特色でもある白麹を使うことで自然な甘みとフレッシュな酸味の調和をひきだします。そのまま飲むだけでなく、炭酸水で割るなど、プレーンだからこそお好みにあわせたアレンジが可能です。
[画像7: https://prtimes.jp/i/17151/23/resize/d17151-23-762654-6.jpg ]



「SOYOKAZE~いちご~」
栃木県産 澳原いちご農園のとちおとめを贅沢に使ったいちご入り甘酒です。溢れるようなジューシーないちごの香りと甘酸っぱさが口いっぱいに広がります。
[画像8: https://prtimes.jp/i/17151/23/resize/d17151-23-701476-10.jpg ]



「SOYOKAZE~みかん~」
和歌山県有田産 伊藤農園の温州みかんをつかった甘酒です。白麹由来の柑橘系の酸味と、みかんの持つスッキリとした香りが生み出すハーモニーが心地よく吹き抜けます。
[画像9: https://prtimes.jp/i/17151/23/resize/d17151-23-201764-8.jpg ]



●日本酒スタートアップ「WAKAZE」について
株式会社WAKAZEは2016年設立の「日本酒を世界酒に」をビジョンに、人生にワクワクを仕込むSAKEを造り続けるスタートアップ企業です。ワイン樽熟成日本酒《ORBIA(オルビア)》や、植物やスパイスとともに発酵させることで新たな味わいを生み出す新感覚酒「ボタニカルSAKE《FONIA(フォニア)》」など革新的な酒を世に送り出してきました。
2018年7月には念願の自社醸造所「三軒茶屋醸造所」と併設飲食店「WhinSAKE&TAPAS(ウィムサケアンドタパス)」を東京都・三軒茶屋にオープンし新感覚な「どぶろく」を造り続けています。2019年11月にはフランス・パリ近郊に醸造所「KURA GRAND PARIS(クラ グラン パリ)」を設立し、「パリ産SAKE《C’est la vie(セラヴィ)》」を日本にも輸入し、新時代の「SAKE」の開発と発信に挑み続けています。
[画像10: https://prtimes.jp/i/17151/23/resize/d17151-23-917088-13.jpg ]

[画像11: https://prtimes.jp/i/17151/23/resize/d17151-23-353900-15.jpg ]

[画像12: https://prtimes.jp/i/17151/23/resize/d17151-23-923272-14.jpg ]




公式サイト : https://www.wakaze.jp/
Instagram: https://www.instagram.com/wakaze_soyokaze/


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング