「エイボン女性年度賞2017」2018年1月29日(月)授賞式典開催決定

PR TIMES / 2017年12月5日 15時1分

昨年度に引き続き、有森裕子氏(元マラソン選手)、大宅映子氏(評論家)、国谷裕子氏(キャスター)、原田マハ氏(作家)が選考

エイボン・プロダクツ株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:中 陽次 以下、エイボン)は、社会で活躍し、夢や希望を人々に与える女性を表彰する「エイボン女性年度賞2017」授賞式典を2018年1月29日(月)、都内ホテルにて開催いたします。



[画像1: https://prtimes.jp/i/19093/23/resize/d19093-23-491635-6.jpg ]

[画像2: https://prtimes.jp/i/19093/23/resize/d19093-23-918636-0.jpg ]

「エイボン女性年度賞」は1979年に「社会のために勇気や希望を与える女性たちの活動を後押ししたい」という 願いのもと創設され、本年度で38回を数えます。本賞は当社の社会貢献活動の根幹として、その時代ごとに社会に有意義な活動をし、人々に勇気や希望を与えた女性たちを表彰してまいりました。また受賞者の活動分野の関係者および協力者の今後の発展を願い、受賞者本人への副賞とは別に受賞者の指名する団体へ各賞の副賞と同額の寄付を行っています。

昨年度より、元マラソン選手の有森裕子氏、評論家の大宅映子氏、キャスターの国谷裕子氏、作家の原田マハ氏の4名が選考委員に就任し、スポーツ、ビジネス、芸術など幅広い独自の視点で選考を行っています。

本年度も、エイボンのフィロソフィーに寄り添いながら、目覚ましい活動成果をあげられた方、長年にわたる地道 な努力が結実された方、女性の新しい可能性を示唆する先駆的活動をしている方などを選定基準に、各賞1名、計5名の女性を選出し表彰いたします。

本賞には以下の5つの賞カテゴリを設けています。
大賞:特定の活動分野を問わず、社会的にめざましい活躍をし、立派な功績をおさめている女性
教育賞:学校教育・社会教育・情操教育など、広く学術、教育の分野で顕著な活動をしている女性
スポーツ賞:スポーツの各分野で記録を更新し、あるいは指導者として活躍するなど、女性のスポーツ振興助成・開発に貢献している女性
芸術賞:創造的な芸術活動において、新鮮な境地を拓き、または伝統芸術の保存、復活などに尽力している女性
ソーシャル・イノベーション賞:現代社会が向き合う様々な課題や問題に対し、創造的かつ持続可能なアイデア、解決策を提案している35歳以下の女性

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング