人口わずか18人、猫なんと80頭!九州の猫島「深島」で全ての猫に無料で出張TNR不妊手術を行います。 どうぶつ基金

PR TIMES / 2019年10月16日 12時55分

猫の楽園としてインスタやテレビで世界的に有名になった大分県の深島で公益財団法人「どうぶつ基金」(兵庫県)は島の猫全てに無料で出張不妊手術を行います。ぜひ取材をお願いいたします。

殺処分ゼロを目指して全国で10万頭の無料不妊手術を行う公益財団法人どうぶつ基金が、11月5,6日、7日に有名な大分県の深島で、さくらねこTNR無料不妊手術を行います。深島の人口は18人(10月現在)その半数以上が高齢者、これ以上、猫が多くなると将来的な世話が難しくなることを理由に、島民は猫の不妊去勢手術を、どうぶつ基金に求めていました。



[画像1: https://prtimes.jp/i/33795/23/resize/d33795-23-253126-0.jpg ]

深島には推定80頭の猫が棲んでいます。これまで約20頭の不妊手術が行われていますが、今も未手術の猫が60頭ほどいて繁殖を繰り返しています。メディア等で「猫の楽園」と紹介され、全国から猫好きが集まる深島ですが島民や観光客が猫の将来を危惧し、どうぶつ基金にさくらねこTNRによる不妊手術を求めていました。

[画像2: https://prtimes.jp/i/33795/23/resize/d33795-23-502665-1.jpg ]


じっさいに島に行って連絡船を降りると早速、猫たちが観光客に集まってきます。これだけたくさんの猫にフレンドリーに寄ってこられると猫好きとしてはたまらなくうれしい気持ちになるのですが、よく見るとケンカでケガをしたり、健康状態のよくない猫も多くみられます。
[画像3: https://prtimes.jp/i/33795/23/resize/d33795-23-849355-3.jpg ]


深島の猫は島民が世話をしていますが、深島の人口は18人(10月現在)高齢者が多く、将来的な世話が難しくなることを理由にすべての猫の不妊去勢手術を求めていました。
今回の一斉TNRによりすべての猫への不妊去勢手術が成功すれば、深島の猫たちはこれ以上増えることなく、夜鳴きやケンカ、オスのスプレーによる尿臭も激減し、ヒトと猫の理想的な共生が実現できます。
一代限りの命を健気に生きる深島の猫たちを温かく見守っていただければと思います。
[画像4: https://prtimes.jp/i/33795/23/resize/d33795-23-813551-5.jpg ]



※期間中は、本事業関係者の乗船が優先予約されていますので、一般の方の乗船は極めて困難になります。また猫は捕獲されるため島に渡っても猫に会える機会も少なくなります。観光客の方はこの期間(11月5日から7日)を避けて来島されることをお願い申し上げます。



[画像5: https://prtimes.jp/i/33795/23/resize/d33795-23-656697-4.jpg ]

全国から殺到する無料不妊手術の依頼に資金が追い付きません。
あなたの力を貸してください。
公益財団法人どうぶつ基金
★さくらねこ無料不妊手術のためのご寄付のお願い
https://www.kifukara.jp/form/doubutukikin/monthly/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング