オーダーメイド商品の製作・販売プラットフォーム「名入れ製作所」を運営するレスタスが、シリーズAで総額約10億円の資金調達を実施

PR TIMES / 2020年6月25日 18時40分

オーダーメイド商品の制作・販売プラットフォーム「名入れ製作所」を運営する株式会社レスタス(本社:大阪府大阪市 代表取締役:大脇晋)は、ハックベンチャーズ株式会社、株式会社イムラ封筒、みずほキャピタル株式会社、一般社団法人日本スタートアップ支援協会を引受先とする第三者割当増資と、日本政策金融公庫、みずほ銀行、りそな銀行の融資を合わせ、総額約10億円の資金調達を実施したことをお知らせします。



[画像1: https://prtimes.jp/i/49767/23/resize/d49767-23-142208-8.jpg ]



■資金調達の目的

当社は、ITを活用することで従来の注文フローを極限まで効率化し、既製品を注文するかのような手軽さでオーダーメイド商品を注文できるECサイト「名入れ製作所」を運営しております。サービス開始後、カレンダー、タオル、うちわ、年賀状など取扱商品を拡大し、グループ累計の注文数は18万件を突破致しました。調達した資金は、取扱商品の拡充、人材採用による経営体制強化、システム開発、プロモーションに投資する計画です。


[画像2: https://prtimes.jp/i/49767/23/resize/d49767-23-737248-9.jpg ]



■今後の展開

事業拡大のために、新規商材の企画・開発を行い、オーダーメイド商品のプラットフォームとしての基盤を強化します。また、今後は国内だけでなく、株式上場、さらにはグローバル展開も見据えております。当社は、事業を通じて、ヒトの手作業による世の中のあらゆる無駄なタスクを一掃し、世の中の業務の効率化に貢献してまいります。

■資金調達概要

調達金額 :約10億円
増資引受先:ハックベンチャーズ株式会社、株式会社イムラ封筒、みずほキャピタル株式会社、一般社団法人日本スタートアップ支援協会、他
融 資 元:日本政策金融公庫、みずほ銀行、りそな銀行


■増資引受先からのコメント

〈ハックベンチャーズ株式会社〉

[画像3: https://prtimes.jp/i/49767/23/resize/d49767-23-256580-0.jpg ]

大阪/関西にベンチャーエコシステムを構築し、地域社会に貢献することを目的としたファンドから出資しました。
大脇社長は販促で用いられる名入れ品に注目し、業界に革新を起こしています。創業以来、データをベースとしたマーケティングとUI/UXの洗練を武器に、順調に事業を拡大しています。今後は、取扱品目の拡充による横展開や特定セグメントにおける垂直統合によって、トップラインの伸びとともに更なる収益性の向上が期待されます。
ビジネスセンスと突破力のある大脇社長と、経験豊富な経営メンバーの布陣を高く評価し、この度の出資に至りました。大阪発スタートアップのロールモデルになられることを確信しています。今後も全力でサポートしていきたいと思っています。


〈株式会社イムラ封筒〉

[画像4: https://prtimes.jp/i/49767/23/resize/d49767-23-197539-1.jpg ]

当社は、各種封筒の製造販売事業をコア事業としております。
この度の出資を通じて、封筒を中心とする当社Web通販領域の増強と、貴社が有する販売管理やマーケティングのノウハウ等を活用した当社事業領域の拡大を展望しております。
貴社と事業面におけるWin-Winの関係を構築して参りたいと考えております。


〈みずほキャピタル株式会社〉

[画像5: https://prtimes.jp/i/49767/23/resize/d49767-23-676671-2.jpg ]



みずほキャピタルは、みずほグループのベンチャーキャピタルとして、グループの総合金融力、顧客基盤をフルに活用し、お客さまの成長支援に取り組んでいます
レスタスはTech×Marketingで旧来のサプライチェーンを変革し、パラダイムシフトを起こすことで全てのオーダーメイド品がワンクリックで揃う世界を実現できるサービスを目指しています。世の中の無駄なタスクを削減することで、日本企業の課題でもある生産性向上に寄与するという社会的意義や、高いユーザー維持率を活かしたスパイラル的な成長の可能性が高いと判断し出資させていただきました。
今回の出資を通じ、みずほグループの持つ顧客資産や営業力を活用することで、レスタスの成長をしっかりとご支援させていただきたいと思っています。


〈一般社団法人 日本スタートアップ支援協会〉

[画像6: https://prtimes.jp/i/49767/23/resize/d49767-23-155914-3.jpg ]

投資意思決定をした理由は、大脇社長のこれまでのビジネスの実績と、生産性の高い仕組み作りの手法が優れていたからです。
また、私のEコマースの経験から活かせることや、協会の初期メンバーでIPO経営者を囲む会など、協会のセミナーにも積極的に参加し、その学ぶ姿勢に非常に好感が持てました。
関西を代表するスタートアップに成長することを確信しているので、これからもハンズオンしていきます。


■代表取締役からのメッセージ

〈代表取締役 大脇 晋〉

私たちのミッションは、世の中の無駄な「Task(業務)」を「Less(減らす)」することです。自社で開発したオペレーション自動化システムにより、注文から納品までを徹底的に自動化し、手作業によって発生する無駄なタスクを一掃することで、これまでにないスピード・価格・小ロットを実現することができました。
今後は、市場規模9兆円の名入れ品・印刷・ギフト市場へ事業領域を拡大して参ります。将来的には、日本国内で培ったノウハウを活用した海外進出も検討しております。
この度、素晴らしい投資家の皆様に、レスタスのポテンシャルを高く評価していただいたことを、非常に嬉しく思います。引き続きご支援のほど、よろしくお願いいたします。


■名入れ製作所 概要

[画像7: https://prtimes.jp/i/49767/23/resize/d49767-23-774336-4.jpg ]

株式会社レスタスが運営している名入れ商品EC事業のポータルサイト。
「名入れカレンダー製作所」からスタートし、今では、「名入れタオル製作所」、「スピード年賀状製作所」、「お名前シール製作所」など運営。運営しているサイトと、取扱商品は多岐に渡る。
設立:2011年6月
URL: https://www.naire-seisakusho.jp/


■株式会社レスタス 概要

[画像8: https://prtimes.jp/i/49767/23/resize/d49767-23-149823-5.jpg ]

株式会社レスタスでは、世の中から無駄なタスクを一掃し、世界中の業務を効率的にしていくことをMISSIONとして掲げ、テクノロジーと独自のマーケティング理論を用いてオーダーメイド商品の製作・販売を行っています。
設立:2011年6月(2019年8月に「株式会社 名入れ製作所」から「株式会社 レスタス」に社名を変更いたしました。)
代表取締役:大脇 晋
URL: https://www.lestas.jp/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング