1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

創業61年の酒店 IMADEYA、社外取締役に元電通の小島雄一郎氏が就任。

PR TIMES / 2023年12月3日 6時40分

清澄白河店の大家さんを経て、経営に参画へ。

千葉に本店を持ち、GINZA SIX、錦糸町PARCO、千葉エキナカ、清澄白河、軽井沢などでお酒のセレクトショップ「IMADEYA」を展開する株式会社いまでや(所在地:千葉市中央区仁戸名町、代表取締役:小倉秀一)は、2023年12月1日付で社外取締役に株式会社 電通でビジネス・デザイナーとして活動していた小島 雄一郎氏が就任したことを発表します。また、小島氏は、当社専務である小倉あづさが代表を務める株式会社マダムイマデヤの執行役員も兼任します。



就任の背景


IMADEYAと小島氏の出会いは2020年8月。小島氏から突然「清澄白河に自宅を建てるから1階に出店してほしい」という内容の企画書が送られてきたことです。小島氏とはまったく面識がありませんでしたが、何度か面談を重ね、お酒を組み交わし、小島氏の自宅1階に「いまでや清澄白河」の出店を決めました。
その後、小島氏とは店子(テナント)と大家として2年ほど交流があり、今回の就任に至りました。詳しい経緯は、以下の関連リリースをご覧ください。

●関連リリース
電通から酒屋へ。大家さんから取締役へ。創業61年のIMADEYAに小島雄一郎が参画した背景。
(PR TIMES STORYより)
https://prtimes.jp/story/detail/0B412es8A4x

●関連記事
なぜ「いまでや 清澄白河」は住宅地の真ん中にオープンしたのか-原点である“街の酒屋さん”を目指して
(SAKE TIMESより)
https://jp.sake-times.com/enjoy/sakaya/sake_imadeya-kiyosumishirakawa


社外取締役 小島 雄一郎 プロフィール


立教大学法学部を卒業し、2007年に電通入社。営業職を経て、第1回販促会議賞(現販促コンペ)の受賞をきっかけにプランナーに転向。 その後、同賞を5回連続入賞。若者研究領域を専門とし、社内ベンチャーとして大学生向け事業を開発。またオフラインゲームの開発で、世界3大デザイン賞の1つであるドイツのRed dotデザイン賞、キッズデザイン賞などを受賞。 2023年に電通を退社し、独立。IMADEYAの社外取締役に就任。

著書は「広告のやりかたで就活をやってみた(宣伝会議)」
日経新聞とnoteのブログサービス「日経COMEMO」でキーオピニオンリーダーとしても連載を持つ。
[画像: https://prtimes.jp/i/65209/23/resize/d65209-23-0d73714e9005355b72eb-0.jpg ]


小島氏からのコメント


軽い気持ちで送った企画書がきっかけで、17年間勤めた電通を辞めることになるとは思いませんでした。しかし2年間「大家さん」としてIMADEYAに関わり、IMADEYAの可能性、日本の酒業界の可能性の強く感じたことは間違いありません。お酒の知識や経験こそありませんが、その分固定観念に捉われず、自分ができることを全力で取り組みたいと考えています。ちなみにこのリリースも自分で書きました。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください