1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

成田空港専用片道乗り捨てレンタカー ≪カタレン for Narita≫総リクエスト件数800件を達成

PR TIMES / 2023年11月13日 10時45分

4月に続き2度目の実証実験延長「渋谷・池袋・大宮(新規)・新横浜」の主要都市4拠点で快適な空港アクセスを実現

MaaS社会の実現に不可欠な最適配置アルゴリズムを開発・運用するスタートアップ・Pathfinder株式会社(東京都板橋区 代表取締役:小野崎悠介 以下、当社、https://www.pfr.technology/ )は、成田国際空港株式会社(千葉県成田市 代表取締役社長:田村 明比古、以下「成田空港」)及び株式会社MIC(横浜市都筑区、代表取締役社長:増田 信夫、以下「MIC」)と連携し運営している「成田空港専用片道レンタカー」≪カタレン for Narita≫にて、総リクエスト件数800件を達成し、2度目の実証実験延長となったことをお知らせします。



[画像: https://prtimes.jp/i/67457/23/resize/d67457-23-b5940c8c74fc1fd64fc4-0.png ]

3社連携協業の実証実験の背景


コロナが落ち着き、空港の利用の拡大が予測される中、24時間利用可能なアクセスが望まれます。これは、「深夜早朝など公共交通機関が運行していない時間帯に移動したい」、「荷物は多いが快適に移動したい」、「個人や家族・小グループで移動したい」等のお客様の移動ニーズに応えるものです。
本取り組みは、成田国際空港株式会社と株式会社MICが車両を用意し、成田空港内の駐車場と主要都市4拠点(渋谷、池袋、大宮、新横浜)を繋ぐ4路線を運航しています。

実証実験延長の理由


≪カタレン for Narita≫は、4月の実証実験延長(https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000015.000067457.html)以降、さらに多くのお客様にご利用いただき、累計で800件超のご予約をいただきました。
また、提供開始当初の新横浜、池袋の2拠点に加え、5月には渋谷拠点を、11月中旬には新たに大宮拠点を追加し、順調に成田空港へのアクセス拠点を拡大しています。
また、これまで約1年間の運用を通じて、お客様に以下の点を高く評価いただきました。

・公共交通機関が利用できない時間帯でも利用ができ便利。
公共交通機関だと時間を自由に決められないことが多いですが、同サービスですと時間の自由も利くというのも1つのメリットになっています。

・荷物が多い場合でも快適に移動できる。
多くの利用者の方が2-4名の複数名で旅行目的でご利用いただいており、スーツケースなどをもった状態で、プライベート空間を持って移動できるのが同サービスの1つのメリットになっています。

・移動ルートを自由に設定できる(寄り道も可能)
多くの利用者の方が自宅やコンビニなどに立ち寄りをされています。また駅などに立ち寄り友人をピックアップしたり、空港までの途中で観光地に立ち寄るなど自由な旅を楽しんでいただいています。

この度は、このようなお客様のお声や、順調なユーザー数の増加を成田空港、MICにも評価いただき、実証実験を継続することとなりました。

今後の展望


目標として、年内に累積予約1,000件を目指すとともに、一部システムの改善などを通じて成田空港の交通手段としてさらなる利便性の拡大を進めてまいります。
また、前項で挙げたようなお客様のお声をサービスに反映し、より良い移動体験の提供を実現していきます。

≪カタレン for Narita≫の概要


成田空港と首都圏を結ぶ、完全非接触・非対面で24時間利用可能な成田空港専用片道乗り捨てレンタカー≪カタレン for Narita≫

・価格の詳細(付帯内容:ガソリン込み、別途料金の免責補償オプションあり)
 ・各拠点発‐成田空港行き:12時間8,700円~
 ・成田空港発-各拠点行き:12時間6,750円~

・スマートフォンキーシステム
 ・スマートフォンアプリで車両を解錠/施錠

・予約システム
 ・LINE完結

詳細はこちら:https://lp.kataren.jp/narita

カタレンとは


「カタレン」は、レンタカーのアウトレットモールのように、多数のレンタカー・カーシェア事業者様と提携し、回送車両やレンタカーの上り片道利用ユーザーと下り片道利用ユーザーをマッチングさせる「片道乗り捨て専用レンタカーのマッチングプラットフォーム」です。本来レンタカーとして利用されない車両を活用するため、事業者は回送コストを抑えるだけでなく収益に変えることが可能となります。また一般のレンタカー事業者であれば、必要な車両数も削減可能です。

一般ユーザーへのメリット


カタレンは、MaaS社会の実現に先駆けて、新しい移動のスタンダード「片道レンタカー」を通じて、一般ユーザーにも自由な移動体験を提供します。

1.格安で利用可能
本来事業者がコストをかける回送車両を使うため、通常のレンタカーのおよそ5分の1の価格*で利用可能です。
*東京―大阪間の乗り捨て料金込みの価格で比較

2.元の事業所に戻すのが面倒な場面でも、片道だけの利用でフレキシブルに
例えば空港までの移動*1や、帰省や長期滞在旅行などで車をずっと借り続ける必要がないとき等、「片道だけでも車をつかえれば良いのに…」という場面にピッタリ。公共交通期間が運行していない深夜早朝含め24時間必要な時に必要な分だけ利用ができます。*2
*1別途カタレン for Naritaとして空港専用レンタカーを提供中
https://lp.kataren.jp/narita
*2九州を除く

3.車というプライべート空間を楽しむ旅行に
長距離の移動の際に、電車やバスなどの公共交通機関という選択肢だけでなく、「片道レンタカー」を使うことで、仲間や家族とのプライベートな空間を楽しむことができます。

Pathfinderとは


Pathfinderは、MaaS(Mobility as a Service)時代の開拓者(Pathfinder)となることを目指し、2020年に設立されたモビリティサービスの研究開発企業です。社名は火星探査機Mars Pathfinderに由来し、同機及び同プロジェクトの革新的な姿勢にあやかり、名付けられました。
2022年3月にリリースされた、日本初の出発店舗・返却店舗が固定の片道専用レンタカーのマッチングサービスカタレンの開発や、回送/遊休車両マーケットプレイスの立ち上げ等、MaaS領域で移動のハードルを下げるため、幅広く取り組みます。
カタレンHP:https://kataren.jp/
コーポレートHP:https://pfr.technology/
社 名:Pathfinder株式会社
所在地:東京都板橋区仲町23-6
オフィス:東京都渋谷区道玄坂1-16-6 二葉ビル 3階
資本金:300万円
設 立:2020年1月27日
事 業:MaaS及び関連サービス/研究開発
代表取締役:小野崎 悠介





企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください