太陽光発電の発電量・品質確保をサポートする 太陽光発電遠隔監視保守サービス 「ソラモニ」のサービス強化について

PR TIMES / 2013年12月16日 17時6分



 オムロン株式会社(本社:京都市下京区、代表取締役社長:山田 義仁、以下オムロン)、オムロンソーシアルソリューションズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:近藤 喜一郎、以下OSS)、オムロンフィールドエンジニアリング株式会社(本社:東京都目黒区、代表取締役社長:越膳 泉、以下OFE)は、産業用太陽光発電システムの遠隔監視による運用監視・現場保守の一体型サービス「ソラモニ」の機能を拡充し、2014年1月よりサービス提供を開始します。

 オムロングループは、遠隔監視情報システムと保守サービスを組み合わせて太陽光発電システムの発電状態やシステムの状況を監視・保守するサービス「ソラモニ」を2012年7月より提供しています。この度、これまでにソラモニを導入された発電事業者や太陽光発電システムインテグレーターをはじめとするお客様からいただいたご意見・ご要望をもとに、機能追加や新たな仕組みの導入を行い、お客様にとってより使いやすく、安心感のある監視サービスとしてグレードアップします。

 監視システムで検知する太陽光発電システムの異常には軽微なものから重大なものまで様々なものがあり、その中から修理が必要であるかどうかを監視データで判定することが難しい場合もありました。当グループではサービス開始以降の1年間、太陽光発電システムの設置現場で発生している事象と遠隔監視データとの突合せを行い、従来のシステムだけでは発見しづらかった様々な異常のパターンをノウハウとして収集・蓄積してきました。
 そしてこの度、オムロン・OSSではこの発電異常解析のノウハウを活かし、遠隔監視システムに搭載している独自のアルゴリズムに基づく異常検出技術を高度化させるとともに、OFEのサービスセンタの監視を効率化・習熟化することで、より精度の高い異常検出を実現し、正確かつスピーディーな見守りサービスを提供します。
 異常検出時には教育センタにて技術を取得したOFEのサービス員が現場へ駆けつけ、問題を切り分ける等、復旧のための一次対応サービスも提供しています。また、定期的な性能点検サービスについては、お手軽な基本点検サービスから安心のフル点検サービスまでメニューを充実化し、お客様の様々な点検ニーズにお応えします。

 また、発電情報を日次・週次・月次・年次にまとめて帳票に出力する機能や、発電データをCSV形式でダウンロードする機能を追加するなど、日々の発電状況の管理や分析を行いやすくするための機能も追加します。さらに、サイネージ向け専用画面を新たに設けることで、誰でも発電情報が一目でわかるよう視認性の向上も行いました。
 今後オプションとして、売電メータからの発電量データ収集やキュービクルの異常情報収集なども順次追加していく計画です。
 今回のサービス強化により、より使いやすく、安心感のある太陽光発電見守りサービスを実現し、太陽光発電の長期安定稼働に貢献します。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング