シリーズ累計500万ダウンロード達成記念!国内最大級の企業向けO2O販促用アプリ開発サービス「ModuleApps」が貴社専用O2Oアプリを1社限定で初期費用¥0で開発!

PR TIMES / 2013年12月4日 13時16分

さらに応募者全員に¥10,500相当の「スマートフォンレポート‐O2O利用動向調査」を無償進呈!

O2O販促用スマートフォンアプリ開発プラットフォームModuleApps(モジュールアップス)を運営する株式会社ロケーションバリュー(本社:東京都港区、代表取締役CEO:砂川 大、以下 「ロケーションバリュー」)は、ModuleAppsで開発したスマートフォンアプリのシリーズ累計ダウンロード数が500万件を超えた事を記念して、本日12月4日より、抽選で1社に専用のO2O販促用スマートフォンアプリを初期開発費用¥0で開発、さらに応募者全員に¥10,500相当の「O2O利用動向調査」レポートを無償進呈するWキャンペーンを開始することをお知らせいたします。



1.ModuleAppsシリーズ500万ダウンロード達成について
スマートフォンの利用者数は2013年9月末に5,000万人を超え、30代以下における契約率が携帯電話契約数の50%を超えるなど、爆発的な普及を続けています。消費者のインターネット利用環境はPCからスマートフォンに主役の座を変えつつあり、スマートフォンへの対応を望むユーザーからの声は、企業のマーケティング戦略に「スマホ・ファースト」という名の大きな変革を迫りつつあります。

そのような市場環境の変化の中、ロケーションバリューはいち早くスマートフォンの重要性に着目し、2010年5月に自社で運営する時限クーポンサービス「イマナラ!」の専用スマートフォンアプリを公開。同年8月には、スマートフォンユーザーへの対応を必要とする企業にイマナラ!のサービスプラットフォーム上で稼働する個別企業様のスマートフォンアプリを提供する体制を整えました (2013年9月にシステムの名称をModuleAppsにリニューアル)。

ModuleAppsは、ASP方式によるアプリ開発により、『販促に必要な機能の揃ったスマートフォンアプリを、高品質・低価格・スピーディーに開発できる』『アプリ公開後もクラウド上に構築した信頼性の高いシステム・管理画面を通じ、情報をリアルタイムに更新できる』点などが評価され、ワタミ、シダックス、HOYA、上島珈琲、ロッテリア、イオン(敬称略)等数多くの企業のO2Oアプリを公開し、国内最大規模の企業向けO2O販促用アプリ開発サービスに成長いたしました。

ModuleAppsで開発したシリーズ各社のアプリがユーザーからの高い支持を受け、順調なダウンロード増加を続けた結果、この度シリーズ累計500万ダウンロード達成の節目を迎えることができました。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング