コーヒー通販のブルックス、台湾の台北101に海外1号店をオープン

PR TIMES / 2013年8月30日 13時20分

コーヒーをはじめとした飲料などの通信販売を手掛ける、株式会社ブルックス(本社:神奈川県横浜市青葉区 代表取締役:小川裕子)は、台湾の首都台北に、海外1号店をオープンさせることとなりました。



ドリップバッグコーヒーは、海外ではまだ普及しておらず、使い方さえ知られていない国が多くあります。カップにかけてお湯を注ぐだけで美味しいレギュラーコーヒーが飲める便利さを、日本の技術とおもてなしの心とともに、海外のたくさんの方にお届けしていきたいと考えています。


2013年6月に行われた、台湾の新聞社、蘋果日報主催による掛耳式咖啡評比(ドリップバッグコーヒーコンテスト)でブルックスのヨーロピアンブレンドが優勝したことからも、ドリップバッグコーヒーのリーディングカンパニーとして培ってきた技術やクオリティが、台湾の皆さまに笑顔をお届けできることを確信しています。


この度、ブルックスの海外1号店がオープンすることとなりました台北101は、アジア屈指の世界都市である台北市のほぼ中心に位置し、地上101階、地下5階からなる超高層ビルです。ショッピングモール、フードコート、オフィスビルが集約されたこの場所から、喫茶店やカフェで楽しむだけでなく、家やオフィスで手軽に美味しいコーヒーを飲むという価値を発信していきます。創立45周年を迎える今年、ブルックスは、国を超え、世代を超えて、おいしさとともにやすらぎや楽しさをお届けしていきます。


【住所】台湾台北市信義区市政府路45号 地下1階
【敷地面積】約21.7m2
【オープン日】2013年9月1日


<今後の取り組み>
ブルックスでは現在、台湾のコンビニエンスストアで店頭販売を行っていますが、さらに一部都市への拡大を計画し、今後の海外への展開を加速させていきます。


ブルックスコーヒーマーケット http://www.brooks.co.jp/index.php?cmpid=prprtp1001&b=4002
BROOK’S coffee Global Market http://www.brookscafe.com/index.php?cmpid=prprtp1002&b=4002

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング