~建売分譲戸建初、横浜スマートシティプロジェクトへ参画~「ファインコート大倉山マスターズヒル(総戸数33戸)」経済産業省「次世代エネルギー・社会システム実証事業」に採択

PR TIMES / 2012年8月9日 18時1分



■三井不動産レジデンシャル株式会社と株式会社東芝は、経済産業省の『平成24年度次世代エネルギー・社会システム実証事業』において、建売分譲戸建「ファインコート大倉山マスターズヒル(横浜市港北区・総戸数33戸)」が戸建住宅における「ホームエネルギーマネジメントシステム(HEMS*1)」の実証対象として採択されたことをお知らせいたします。

■『次世代エネルギー・社会システム実証事業』とは経済産業省が平成22年度より実施している、電力使用の効率化や地域の交通システム、市民のライフスタイルの変革などを複合的に組み合わせ、地域単位で次世代エネルギー・社会システム、スマートコミュニティの構築へ向けた実証を行う事業です。

■「ファインコート大倉山マスターズヒル」におけるHEMSの実証は、上記実証事業の一つとして平成22年4月に経済産業省から選定された、横浜市と民間企業が連携してスマートコミュニティの実現を目指す「横浜スマートシティプロジェクト(以下YSCP)」における戸建住宅向けHEMSの実証として行われます。

■「ファインコート大倉山マスターズヒル」における実証計画では、HEMSにより家庭内エネルギーの最適な管理を図るほか、東芝が開発する地域全体のEMS(CEMS*2)とHEMSとを連携させることで、地域全体のエネルギー利用の最適化も目指します。具体的には全住戸内に電力使用量等の状況をリアルタイムで確認できるエネルギー表示機やエアコン(各戸3台予定)をイニシャルで設置し、CEMSから発信される省エネへの協力依頼に応じて自動制御(デマンドレスポンス)することで、地域全体のエネルギー消費の削減への貢献を図ります。実証期間は、入居開始(平成24年12月予定)から平成26年度までを予定しております。

■居住者は、実証実験に参加することで自宅におけるエネルギー利用状況の詳細な「見える化」や、過去の使用量との比較などもでき、節電への意識が高まります。さらに「すまいのECOチャレンジ*3」を併せて活用することで、より節電への具体的行動が促進されます。また各家庭内の節電が進むことで地域全体のエネルギー利用の安定化にも寄与します。なお、自主的な省エネ行動を起こすことで「すまいのECOチャレンジ」のポイントが貯まり、貯まったポイントはエコ家電や商品券と交換できる予定です。

■本実証において、東芝はCEMSやHEMSの設計・開発・分析等を行い、三井不動産レジデンシャルはEMSに対応した住宅を開発・分譲します。入居開始後は居住者への意識調査やエネルギー利用データも含めた分析、エコ活動を促進するインセンティブ等の運用を行う予定です。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング