女性が“肌のために摂りたい成分”、1位は「コラーゲン」 しかし、「コラーゲン入りの食べ物」だけでは不十分!? 友利新氏も注目・・・コラーゲンの“体内生成を促進”する「パフィア」とは

PR TIMES / 2012年4月24日 11時59分



生活者の意識・実態に関するトレンドを調査するトレンド総研 (東京都渋谷区)は、20~39歳の女性500名を対象に、「肌のために摂りたい成分」に関する意識調査を実施しました。

また、今回の調査で多くの女性が高い関心を寄せていた「コラーゲン」について、効果的な摂取方法などを皮膚科医の友利 新(ともり あらた)先生にお伺いしました。

【調査概要】
・調査対象:20~39歳 女性 500名 (全国)
・調査期間:2012年3月9日~3月12日
・調査方法:インターネット調査


■肌のために積極的に摂りたい成分、女性の74%が「コラーゲン」と回答

女性にとって、大きな関心事のひとつである「美容」。近年、女性の美容に対する意識はさらに高まっており、スキンケアやエステなどの「外側」からの美容だけでなく、食品やサプリメント、美容ドリンクなどを通じて、体の中から美容に効果的な成分を摂取するという「内側」からの美容にも注目が集まっています。

そこで今回トレンド総研では、女性たちがどのような美容成分に興味を持っているのかを調べるべく、「肌のために摂りたい成分」に関する意識調査を実施しました。

まず、「あなたが、肌のために積極的に摂りたいと思う成分は何ですか?」と質問したところ、「コラーゲン」(74%)が最も多い結果に。以下、「ヒアルロン酸」(63%)、「プラセンタ」(29%)、「スクワラン」(14%)、「アルブチン」(10%)と続きました。

続いて、「実際に肌のために、意識して摂取している成分はありますか?」と聞くと、42%が「ある」と回答。具体的に「意識して摂取している成分」を聞くと、ここでも「コラーゲン」(69%)が最も多い結果となりました。「コラーゲン」は、多くの女性たちにとって、美容のために積極的に摂り入れたい成分であるようです。ちなみに、「豚足や鳥軟骨など、コラーゲンを豊富に含む食品を、積極的に食べるようにしていますか?」という質問にも、47%と、半数近くの女性が「食べるようにしている」と答えました。


■コラーゲンの生成能力は20代から衰えはじめる!
友利 新氏に聞く、コラーゲン生成に効果的な素材は「パフィア」と「ビタミンC」

そこで今回、コラーゲンを摂り入れる上でのポイントを、美容に詳しい皮膚科医・友利 新先生にお伺いしました。


◆コラーゲンの生成能力は20代から衰えはじめる 
コラーゲンは、もともと体内で生成されるものです。しかしさまざまな原因によって、その生成能力は次第に失われていきます。具体的な原因としては、「紫外線」や「間違ったスキンケア」などのほか、「加齢」があげられます。「紫外線」や「スキンケア」については、対策することも可能ですが、「加齢」については、どんな人でも避けることはできません。コラーゲンの生成能力は、20代のうちから低下しはじめます。コラーゲンの体内量が減少すると、フェイスラインのたるみや、つやのなさ、弾力のなさにつながり、毛穴が開いたり、化粧ノリが悪くなったりという影響があります。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング