『ATV(エーティーブイ)WEDGE(ウェッジ)』~ステンレスヘッドと軟鉄ヘッドの2タイプをラインナップ~ 2012年4月中旬発売予定

PR TIMES / 2012年1月17日 9時19分



新設計ソールにより、あらゆる状況下で対応可能な万能ウェッジが誕生!
『ATV(エーティーブイ)WEDGE(ウェッジ)』
~ステンレスヘッドと軟鉄ヘッドの2タイプをラインナップ~
2012年4月中旬発売予定

テーラーメイド ゴルフ株式会社(本社:東京都江東区/代表取締役社長:菱沼信夫)ではこの度、あらゆるライの状況下でも自在なショットを可能にする万能ウェッジ、『ATV WEDGE』(エーティーブイ ウェッジ)を2012年4月中旬より発売します。

『ATV WEDGE』では新たにATV*1ソールを採用。ワイドに設計されたソールの中央、トゥ側、およびヒール側にグラインドを施したことで、様々なショットに求められるソールの役割を1つのバウンスで高いパフォーマンス性能を発揮します。従来、バンカーにおいては大きなバウンスが求められる反面、フェアウェイでのショット時にはリーディングエッジが浮いてしまう欠点がありました。今回採用されたATVソールはこの課題を解消、フェアウェイショット時はソールの前後を、ロブショットではヒール側を、チップショットではソール前側、バンカーショットでは後側を活用することで1本で通常のショットから特殊なショットまでをカバーします。

また、フェース面には専用の新設計グルーブデザインを採用、従来の溝よりも溝幅を拡大したことで優れたスピン性能を実現します。『ATV WEDGE』はステンレスヘッドと軟鉄ヘッドの2タイプをラインナップ。志向に合わせて選択することができます。
*1:ATV=All(全ての)-Terrain(地形) Versatility(対応)の略


『ATV WEDGE』
■あらゆるライの状況下に対応したヴァーサティリティ・グラインド・ソール
ワイドソールの中央、トゥ側およびヒール側にグラインドを施したことで、通常のショットからバンカーショットまで、様々なショットを1つのバウンスでカバーし高いパフォーマンス性能を発揮します。

■新設計ATVグルーブ
『ATV WEDGE』専用に新設計のグルーブデザインを開発。従来の設計よりも溝幅を拡大、フェースミリング後もグルーブのエッジを効かせることでシャープなエッジを実現、優れたスピン性能を発揮します。

■『ATV WEDGE』専用グリップを採用
滑りにくく、耐摩耗性が高いラムキン社製 『3 GEN GRIP』を採用。
通常のグリップより1インチ(2.54cm)長く設計したことで、トラブルショット時や短くグリップしたアプローチショット時においてもシャフトを持つことなくスイングすることが可能です。


【TaylorMade Golf Inc./ テーラーメイド ゴルフ株式会社について】
TaylorMade Golf Inc.(米国)は1979年の創立以来、最高品質のゴルフ用品を提供する世界のゴルフシーンにおけるリーディングカンパニーです。1998年にはアディダスグループの完全子会社となり、「アディダスゴルフ」ブランドのフットウェアおよびアパレルを中心としたラインナップも展開。2009年には「アシュワース」ブランドのアパレルを中心としたプロダクトの展開を開始。日本では1986年から事業を開始し、現在はテーラーメイド ゴルフ株式会社として「テーラーメイド」、「アディダスゴルフ」に加え、「アシュワース」ブランドを展開。ツアープロを始め、あらゆるゴルファーのニーズに応える幅広い製品を提供し続けています。

【アディダスグループについて】
アディダスグループはスポーツ用品業界をリードする世界的な企業です。同グループが抱える「アディダス」、「リーボック」、そして「テーラーメイド」を中心に幅広い製品を通して消費者のニーズに基づいた戦略的かつ相互補完的な発展を目指しています。





企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング