例年と異なる就活がスタート、1月までのエントリー社数は前年より3割以上ダウン ~『日経就職ナビ2013 就職活動モニター調査』(2012年1月)結果より~

PR TIMES / 2012年1月20日 19時15分



 就職情報会社ディスコ(本社:東京都文京区、代表取締役社長:夏井丈俊)は、2013年3月卒業予定の大学生(現大学3年生、理系は修士1年生を含む)モニター2,000人を対象に1月1日~9日の期間、インターネットで就職活動に関する調査(第1回)を行いました。(回答数1,556人)
 12月スタートとなった今年度の就職活動において、1月までの一人あたりのエントリー社数の平均は46.9社でした。受付開始1カ月間で見ると前年以上にハイペースに推移しましたが、2カ月遅れのスタートにより前年同期の70.8社と比べ3割以上減少しています。また企業単独セミナー・合同説明会などの平均参加社数も前年同期に比べ7.4社減少しています。(別紙図表1参照)


1.12月就活スタートは、「不利に働く」が約半数、理系学生は学業に集中
 就活開始が例年より2カ月遅れたことで、自分の就職活動にどう影響が出そうか聞いたところ、「有利に働くと思う」の13.0%に対し「不利に働くと思う」は48.1%、「どちらともいえない」が38.9%でした。「不利」の理由の多くは、「企業を知る時間が少ない」、「業界・企業研究が浅いまま選考を迎えてしまう」、「セミナーなど日程が集中してしまい訪問可能な企業が減る」など戸惑いのコメントが多く見られました。一方、「有利」を選んだ人は「下準備は自分で進めていた」という先行派のほか、「遅くなった分、学生生活を充実できアピールできる材料が増えた」という声もあがっています。(別紙図表2参照)
 また、後ろ倒しになったことで10月11月の2カ月間をどのように過ごしたかを複数回答で聞いたところ、「就職活動の準備をした」、「学業・研究活動に励んだ」がほぼ同数でした。なかでも「学業・研究活動に励んだ」と答えた理系学生は71.3%におよび、特に理系学生にとって学業に集中できた期間だったと言えます。(別紙図表3参照)

2.1月時点の1人あたりの平均エントリー社数は46.9社、前年に比べ3割以上ダウン
 1月までの一人あたりのエントリー社数の平均は46.9社で、前年同時期の70.8社と比べ24社ほど減少しています。しかし受付開始からの1カ月間の数字であることを考えると、前年以上にハイペースで進んでいると言えます。
 現時点で志望業界を決めている人は92.6%にのぼり、前年の3カ月間(10~12月)に匹敵する水準(前年同期94.6%)に達していますが、セミナー・合同説明会などの平均参加社数は23.6社で、前年同期よりも7.4社少なくなっています。とりわけ企業単独開催のものが大きく減っており、1人あたり平均3.9社で、前年同期の8.7社から半減しています。(別紙図表4参照)

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング