【ソリューション導入事例】茨城県の自治体で初めて、ウェブアクセシビリティJISに準拠しホームページをリニューアル ~茨城県守谷市様~

PR TIMES / 2013年4月22日 14時28分



日立公共システムエンジニアリング株式会社は、みんなにやさしいホームページの実現を支援するソリューション、「4Uweb(フォー・ユー・ウェブ)Webユニバーサルデザインソリューション」を提供しています。このたび、本ソリューションの茨城県守谷市(以下:守谷市)様における導入事例を当社Webサイトに公開しましたので、是非ご覧ください。

守谷市様は、2013年2月にホームページをリニューアルし、ウェブアクセシビリティJIS(JIS X 8341-3:2010)の等級AA(一部等級AAAの達成基準を含む)に、茨城県の自治体で初めて準拠しました。

守谷市様は、リニューアル以前からウェブアクセシビリティに対する意識が非常に高く、ホームページ制作ソフトを利用してホームページを制作していました。しかし、手作りのホームページは、ウェブアクセシビリティ維持のために大変な時間がかかっていました。

今回のリニューアルにおいては、当社のウェブアクセシビリティに対する取り組みが決め手となり、「4Uweb Webユニバーサルデザインソリューション」を導入いただきました。また、ユーザー環境にとらわれないアクセシビリティサポートツールとして、「ZoomSight(ズームサイト)」クラウドサービスも導入しました。これにより、ホームページの更新にかかる職員の負担が大幅に軽減されただけでなく、誰もが見やすく使いやすいホームページが実現されました。

■4Uweb Webユニバーサルデザインソリューション:茨城県守谷市様
茨城県の自治体で初めて、ウェブアクセシビリティJISに準拠しホームページをリニューアル
ユーザー環境にとらわれない「ZoomSight」クラウドサービスを導入
http://www.gp.hitachi.co.jp/solution/accessibility/voice/vol7moriya.html?banner_id=nr-130422_01

■「4Uweb Webユニバーサルデザインソリューション」とは

「4Uweb Webユニバーサルデザインソリューション」は、老若男女を問わず、障がい者や外国人を含むさまざまな人にとって使いやすいホームページの構築を支援するソリューションです。コンサルティングからデザイン、制作、システム導入、公開後の導入まで、一貫したサービスを提供しており、全国の自治体・教育委員会・共催組合・その他民間団体などに多数の導入実績があります。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング