【SolidWorks事例】SolidWorks Composerで「小学生にもわかる説明資料」を作成 動きのあるアニメで、理解を深めることに成功

PR TIMES / 2013年9月4日 13時4分

富山県立大学におけるSolidWorks Composerの導入、子ども向けものづくり教室で組み立て工程の理解度を深めた事例です。



工学系公立大学の富山県立大学。地域に開かれた大学として、生涯学習事業も積極的に行ってきた。そのひとつが、毎年8月第一土曜に全学を挙げて開催する「ダ・ヴィンチ祭」の中の催しのひとつ、近隣の子どもたちを対象にした「からくり教室」だ。レオナルド・ダ・ヴィンチが手稿として遺したギアやリンク機構などの機械要素を、木工キットにして子どもたちに提供し、これを組み立て、動かすことで、ものづくりの楽しさや力学のおもしろさを体験してもらおうという製作教室である。

レオナルドが遺した手稿は、工学系のものだけでも膨大な数にのぼる。その中から、子どもが取り組むテーマとして最適なものを1点選択し、500年前のペン描きスケッチに秘められた謎を解き明かしてSolidWorksで形づくり、分解して木工キットを設計するのは学生の役目だ。

「2009年度から、学生1人ですべてを統括し、構想設計から、設計、試作、量産、教室運営、結果の解析に至る成果を、卒業論文にまとめる体制をとるようになりました」と、工学部 知能デザイン工学科 准教授の神谷和秀先生。
卒論テーマが定まってから8月の製作教室までで設計に使える時間は、実質1カ月余り。やるべきことはあまりにも多い。そこで、組み立て作業を説明する資料を作る時間を短縮して、しかも、小学生がわかりやすい動きのある説明書を作るために、2012年、SolidWorks Composerを導入した。

■□事例記事全文はこちらから□■
http://www.solidworks.co.jp/casestudy/TOYAMAPrefUniv

知能デザイン工学科と機械システム工学科は協議の上で、2010年5月、全学科でSolidWorksを200ライセンス導入。機械システム工学科の教材もSolidWorksに切り換えた。
「他の3次元CADも検討しましたが、操作性、機能性、企業での導入シェア、チュートリアルがしっかりしていること、そして、教育分野での導入シェアが圧倒的に違うことなどから、SolidWorksを選定しました」と神谷先生は語る。

富山県立大学では、入学と同時に全員が自分専用のパソコン必携となるが、知能デザイン工学科の学生全員と機械システム工学科の希望する学生は、そこにSolidWorksがインストールされる。ワープロや表計算ソフトと同様に、何か考えるときのツールとして気軽に使う環境が整備されたのだ。さらに神谷先生は、SolidWorksで設計した3次元モデルをそのまま使って、わかりやすい説明書を短時間で作れるツールとして、SolidWorks Composerに注目し、2012年1月、10ライセンスを導入した。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング