約400名が参加 2年連続で開催 「ホテル・不動産投資フォーラム2013 」

PR TIMES / 2013年10月22日 15時15分

総合不動産サービス大手のジョーンズ ラング ラサール株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:河西利信、略称:JLL)は、昨日2013年10月21日(月)、日本市場における不動産投資及び収益不動産とホスピタリティ資産への投資をテーマにしたセミナー「ホテル・不動産投資フォーラム2013」を東京都新宿区のヒルトン東京にて開催いたしました。

本フォーラムは今年で2回目の開催となり、当日は日本を代表する投資家、レンダー、運用会社、ホテルオペレーターなど関連業界の皆様に加え、国際的投資ファンドやアジアマネーを背景とするアセットマネジャーの皆様など、合わせて約200社、約400名にご参加いただき、国内外投資家からの日本の不動産・ホテルへの注目の高さがうかがえました。

本フォーラムでは、JLLが国内外の専門家ネットワークを活かして、日本の不動産市場の動向、ならびに、拡大するアジアのプライベートインベスターについて講演しました。また、業界を代表する投資家やレンダー、弁護士ら専門家をパネリストとしてお迎えし、日本の不動産投資市場・不動産ファイナンスの動向や見通し、ホテル資産の価値向上につなげるためのホテルオーナーとの関係構築法についてパネル・ディスカッションで意見交換しました。
フォーラム終了後の懇親会にも多くの方にご参加いただき、情報交換の場として盛況のうちに終了いたしました。

JLLキャピタルマーケット事業部長の水野明彦は次のように述べています。
「本年はアベノミクスやオリンピックという材料で日本の売買市場が活発化していることを背景に、国内プレイヤーの動向に加えて、海外投資家からも注目される日本の不動産に焦点をあてたプログラムを用意しました。皆様から大変ご好評をいただき、改めて今後の日本市場に対する期待が感じられました。」

また、JLLホテルズ&ホスピタリティグループ マネージングディレクターの沢柳知彦は次のように述べています。
「2020年東京五輪開催が決定し、ホテル市場における五輪波及効果について注目されていますが、本フォーラムにおいても様々な御見解を伺うことができました。パネルディスカッションではホテルオーナーとオペレーターの関係のあり方について示唆に富む議論がなされ、難易度が高いとされるホテル投資検討の一助になるのではないかと思われます。」

JLLは今後もこのような業界横断的な情報共有の場を設けていけるよう努めてまいります。

【開催概要】
名称: ホテル・不動産投資フォーラム2013
日時: 2013年10月21日(月) 14:00 - 18:15
場所: ヒルトン東京
来場者数: 約400名
プログラム:

開会のご挨拶
- 河西 利信 
ジョーンズ ラング ラサール株式会社 代表取締役社長 

講演
■ 日本不動産市場の動向
- 赤城 威志
ジョーンズ ラング ラサール株式会社 リサーチ事業部長 
■ 日本ホテルマーケットの動向
- 寺田 八十一  
ジョーンズ ラング ラサール株式会社 ホテルズ&ホスピタリティグループ エグゼクティブ ヴァイス プレジデント 
■ アジアパシフィックにおける富裕層資金の動向
- アリスティア・メドーズ
JLLインターナショナル・キャピタルグループ インターナショナルダイレクター
■ 海外投資を行うシンガポール個人富裕層
- ドリス・タン
JLLレジデンシャル インターナショナル・プロパティサービス ダイレクター 
■ アジアのプライベートマネーによるホテル資産投資
- スコット・ヘザリントン
JLLホテルズ&ホスピタリティグループ CEOアジア
■ 不動産関連法改正の最新の傾向 ~建物は「エコ・頑丈」に、不動産投資は「緩和・柔軟」に~
- クリス・ホジェンズ、池田 成史、アレキサンダー・ジャンペル、北村 辰一郎
ベーカー&マッケンジー法律事務所(外国法共同事業) パートナー 

パネルディスカッション
■日本不動産投資市場 ~過去からの変化及び今後の見込み~
- マイケル・ボウルズ(モデレーター)
ジョーンズ ラング ラサール株式会社
キャピタルマーケット事業部 ナショナル ダイレクター
- ジョン・田中
アンジェロ・ゴードン・インターナショナル・エルエルシー東京支店  マネージング ディレクター
- 帖佐 義之
GLプロパティーズ株式会社 代表取締役社長
- 前田 康一郎
プルデンシャル・リアルエステート・インベスターズ・ジャパン株式会社
代表取締役 マネージング・ダイレクター、ポートフォリオ・マネジメント
- 中嶋 康雄
ラサール不動産投資顧問株式会社 代表取締役 兼 CEO

■ ホテルオーナーとの関係構築 ~バリューアップのために~
- 沢柳 知彦(モデレーター)
ジョーンズ ラング ラサール株式会社
ホテルズ&ホスピタリティグループ マネージングディレクター
- マイケル・ニギッチ
株式会社イシン・ホテルズ・グループ 代表取締役 兼 最高経営責任者
- 相原 米夫
オリエンタルホテル 東京ベイ 総支配人
- ティモシー E. ソーパー
ヒルトン・ワールドワイド
インターナショナル・オペレーションズ日本・韓国・ミクロネシア
代表取締役 運営最高責任者
- 藤本 博久
ヒルトン・ワールドワイド 開発統括部長 日本地区担当

■ 台頭するアジアのプライベートインベスター ~何を買っているのか?
- 水野 明彦(モデレーター)
ジョーンズ ラング ラサール株式会社
取締役 執行役員 キャピタルマーケット事業部長
- アリスティア・メドーズ
JLLインターナショナル・キャピタルグループ
インターナショナルダイレクター
- ドリス・タン
JLLレジデンシャル インターナショナル・プロパティサービス ダイレクター 
- スコット・ヘザリントン
JLLホテルズ&ホスピタリティグループ CEOアジア

■ 不動産ファイナンスの動向 ~どのような資産がファイナンス可能か?~
- 太田 英輝(モデレーター)
ジョーンズ ラング ラサール株式会社
キャピタルマーケット事業部 ナショナル ダイレクター
- 根岸 憲一
デカ・リアルエステート・レンディング株式会社 代表取締役
- 藤井 道哉
株式会社東京スター銀行
不動産ファイナンスグループ マネージングディレクター
- 矢口 一成
株式会社日本政策投資銀行 アセットファイナンスグループ 課長
- 田中 秀和
三菱UFJリース株式会社 不動産ファイナンス部 次長(営業第二課担当)


ジョーンズ ラング ラサールについて
ジョーンズ ラング ラサール(ニューヨーク証券取引所上場:JLL)は、不動産に特化したプロフェッショナルサービス会社です。世界中に存在する専門家チームが、不動産オーナー、テナント、投資家に対し、総合的なサービスを提供しています。2012年度のグループ売上高は約39 億ドルにのぼり、全世界70 ヵ国、1,000都市超の顧客に対しサービスを提供しています。 当社はプロパティマネジメントサービスならびに企業向けファシリティマネジメントサービスのリーディングカンパニーとして、約2億4,200万m2 (約7,300 万坪)の不動産を管理しています。 また、2012年の取引額は63億ドルに達しました。ジョーンズ ラング ラサール グループで不動産投資・運用を担当するラサール インベストメント マネジメントは総額477億ドルの資産を運用しています。
ジョーンズ ラング ラサールのアジア・パシフィック地域での活動は50年超にわたり、現在14ヵ国、76事業所で25,400名超のスタッフを擁しています。弊社は、2013年インターナショナル プロパティ アワード アジア・パシフィックで「最優秀不動産コンサルタント賞(5つ星賞)」を3ヵ国で、また 「Highly Commended(称賛に値する企業)賞」を8ヵ国で受賞。また、2012年ユーロマネー・リアルエステート・アワードにおいてアジア太平洋地域の最優秀不動産アドバイザリー部門賞を受賞しました。詳細な情報はホームページをご覧下さい。www.joneslanglasalle.co.jp

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング