第3回マスター オブ スピリッツがシンガポールにて開催

PR TIMES / 2013年11月7日 19時7分

DFSグループが主催する2013年マスターコレクション アジア最大級となる最高級ワイン&スピリッツの展示会を皮切りにスタート

2013年11月、世界最大級のラグジュアリーリテーラーであるDFSグループは、11月16日及び17日に、今年で3年目となる「マスター オブ スピリッツ」をシンガポールにて開催いたします。マスター オブ スピリッツは、アジアで最も名高いイベントのひとつであり、DFSが厳選した最高級のワインやスピリッツを展示します。また、世界の傑作とそれらを作り出す巨匠を融合させ、「最高の飲み物、豪華な食事、そしてよき仲間が揃った瞬間に味わうことのできる唯一の体験」を表現した演出でお届けします。



今年のマスター オブ スピリッツは、48の最高級ブランドより、78品もの希少価値の高い限定商品を含んだ、かつてないほどの豪華なワイン及びスピリッツのセレクションで構成されています。今年特に注目されるのは、アルマニャック シャボーヴィンテージ1918年と1928年の限定2本セット、バランタイン2013年チャンピオンシップブレンドのスコッチウィスキー、モエ・エ・シャンドンの1911年グランドヴィンテージコレクション、そして赤ワイン、シャトー・マルゴーの40年のコレクションです。これらの貴重な商品は全て、DFSと世界で名高く需要の高いワインやスピリッツのブランドとの長きに渡るパートナーシップと、DFSのトラベルリテーラーとしてのリーダーシップによって実現します。

DFSグループ グローバル マーチャンダイジング プレシデント ハロルド・ブルックスは、「我々は、世界で高く評価されるブランドとのパートナーシップにより、極上のスピリッツやワインをそろえた最高のコレクションを、このようにアジアのコレクターや専門家の皆様にお届けできることを誇りに思います。」と述べました。さらに、「DFSの目的は、発見することの素晴らしさを感じていただける機会を提供することです。今年のマスター オブ スピリッツは、来場いただいたお客様が一流のワイン及びスピリッツの世界を旅する刺激的で貴重なものとなっています。また、業界で多大な影響力を持つ方々との出会いのチャンスもあるでしょう。」と述べました。

今年のマスター オブ スピリッツは、DFSグループのワイン及びスピリッツ分野の独特のアプローチや、ライフスタイルへの考えをお届けします。11月16日には、招待客の方々には、ナショナル・ミュージアム・オブ・シンガポールで開催される特別展示の開会式に出席いただきます。会場には、専門家、ブランド アンバサダー、特別ゲスト、そして商品を支える多くのマスターの方々にお越しいただきます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング