ヘイズ、デジタル・マーケティング専門家の人材不足についてコメントを発表

PR TIMES / 2013年10月1日 13時24分

【東京2013年10月1日】 人材紹介会社のヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン株式会社(本社:東京都港区、リージョナル・ディレクター、ジョナサン・サンプソン、以下ヘイズ・ジャパン)はデジタル・マーケティングの目覚ましい進展にともない、市場では優秀な人材が不足しており、「デジタル・ディスコネクト」(デジタルとのかい離)ともいえる状況が目立つとコメントを発表しました。デジタル・マーケティング市場では高い技能を有する人材が強く求められています。

ヘイズ・ジャパンは、デジタル・マーケティング市場は今後10年間さらに発展を続けると予測しており、企業の人材採用に大きな影響を及ぼすものと見ています。

ヘイズ・ジャパンのリージョナル・ディレクター、ジョナサン・サンプソンは次のように述べています。「ビジネス環境が変化し続ける中、マーケターも顧客との関わりをさらに深め、ビジネス拡大に貢献できるよう変革を遂げる必要があります」。

「テクノロジーを駆使したマーケティング戦略が導入される昨今、企業の競合優位性を確保するには『ビッグデータ』の管理・取扱いが鍵となります。トップ企業としての地位を維持するには、デジタルとソーシャル・マーケティングのチャネルを一つの顧客戦略として統合することが重要です。そのためには、オフライン・オンラインの両チャネルの経験を有するマーケターが必要です」。

アドビシステムズ(オーストラリア、シドニー)のデジタル・マーケティング部門、シニア・ヴァイス・プレジデント&ジェネラル・マネージャー、ブラッド・レンチャー氏も「企業がソーシャル・メディアを使ったプログラム、キャンペーンを実施する場合、ビジネス戦略・目的に照らして企画・立案を行うべきです」とコメントしています。

「今日のマーケティングは、数値をはじめデータのセグメント、ビッグデータ、バック・エンド・テクノロジー、データベースの利用とそれに対する理解が全てを占めると言っても過言ではありません」。

このような市場の変化は「デジタル・ディスコネクト」すなわち、デジタル・マーケティングの分野における技術者不足という現象をもたらしました。

データの威力

サンプソンはさらに次のように述べています。「デジタル・マーケティング・マネージャーは、ウェブサイト、iPhoneのアプリケーション、Facebookの自社サイトの訪問者が頻繁な利用者かロイヤリティ会員なのか判断し、どのようなオファーをすれば返答してくるのか見極めなければなりません」。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング