共にクリエイティブな体験をする知育空間『チームラボ、学ぶ!未来の 遊園地』展を開始、 子ども向けに4作品を発表 まずは、沖縄県の百貨店リウボウにて、2013年11月12日(火)~25日(月)まで

PR TIMES / 2013年11月1日 12時39分

チームラボは、共にクリエイティブな体験をする知育空間『チームラボ、学ぶ!未来の遊園地』展を開始。『共創』をテーマにした子ども向けの新作、女性書家紫舟との共創作品である「まだ かみさまが いたるところにいたころの ものがたり」と、「お絵かき水族館」、「光のボールでオーケストラ」、「天才ケンケンパ」を発表。
まずは、沖縄県の百貨店リウボウにて、2013年11月12日(火)~25日(月)まで開催する。



チームラボは、共にクリエイティブな体験をする知育空間『チームラボ、学ぶ!未来の遊園地』展を開始。『共創』をテーマにした子ども向けの新作、女性書家紫舟との共創作品である「まだ かみさまが いたるところにいたころの ものがたり」と、「お絵かき水族館」、「光のボールでオーケストラ」、「天才ケンケンパ」を発表。
まずは、沖縄県那覇市内にある百貨店リウボウ6Fの催事場にて、2013年11月12日(火)~25日(月)まで開催する。
オープニング初日には、テープカットのほか、弊社猪子による講演や、BOND編集長の小柳氏とのトークイベントも開催予定。

▼『チームラボ 学ぶ!未来の遊園地』展とは
共創 (共同でクリエイティブな)な体験をしよう。
クリエイティブでかつ、チームで共に創造できるような人間が、これからの時代は、もっとも活躍できるのではないかと考えています。
現状の日本の教育は、暗記重視で、小さいときから徹底して個人の総合的な能力を伸ばすことに集中され、個人テストで評価されています。 クリエイティブな面が少なく、チームでの評価はな く、個人主義を叩きこまれているように感じます。
共同で創造するという意味の「共創(きょうそう)」。それが、子どもたちの学び、にとって、とても大切になるのではないかと思います。

最新のデジタルテクノロジーなどを使い、子どもたちが同じ空間で、自由に体を動かしながら、互いに影響を与えながら、楽しみながら共同的で創造的な体験をしていく。「共同で、創造していく」、そういう人間になってもらいたいという願いから生まれた未来の遊園地です。
今後は、実験と検証を重ねながら、同じテーマの作品を増やしていく計画です。
そして、『チームラボ、学ぶ!未来の遊園地』を発展させながら、イベント、常設問わず、多くの場所で行えればと思っています。

▼出品作品
※各作品の写真はイメージです。仕様は一部変更になることがございます。ご了承ください
女性書家紫舟との共創作品
≪まだ かみさまが いたるところにいたころの ものがたり≫

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング