デジタルアートと子どもの視点で小児医療・療育を革新!「Digital Interactive Rehabilitation System(通称、デジリハ)」プロジェクト開始

PR TIMES / 2017年10月3日 16時40分

子どもたちによる子どもたちのためのプログラム開発

NPO法人Ubdobe(法人本部:東京都世田谷区、代表理事:岡勇樹)は、このたび新しいプロジェクトを開始します。それは、「Digital Interactive Rehabilitation System (通称、デジリハ)」です。11月20日までクラウドファンディングにも挑戦しています。



[画像1: https://prtimes.jp/i/11497/24/resize/d11497-24-559933-0.jpg ]

※上記写真はイメージ画像です

デジリハでは、プログラム構築の際、リハビリ専門職、キッズプログラマーに加えリハビリを受ける子ども自身も参画します。それにより、好きなものやワクワクを詰め込んだ”その子のためのオリジナルリハビリシステム”をつくり出すことが可能になります。これは、リハビリ=受けるものという従来の概念を覆す、まさに革新的なプロジェクトです。

またこのプロジェクトは、日本財団が選ぶ、日本が抱える社会課題の解決に向けた「ソーシャルイノベーター」に選出され、日本財団からの助成金のもと既に始動しています。

11月17日(金)~19日(日)の3日間、東京国際フォーラムで開催される『日本財団ソーシャルイノベーターフォーラム2017』にて、デジリハについての出展&プレゼンをしますので、是非ご参加ください。
https://www.social-innovation.jp/


■Digital Interactive Rehabilitation System (通称、デジリハ)とは
デジリハとは、子どもの視点とデジタルアートで小児医療・療育を革新していくプロジェクトです。デジタル技術を活用したリハビリテーションを国内外の病院や施設等に展開していきます。

また、病院や支援学校などの閉鎖的な環境で過ごす子どもたちと、プログラミングを学ぶキッズプログラマーたちで参加型デジタルリハビリテーションシステムを開発していきます。このプログラムは協働で大人の医療従事者やプログラミング専門職が監修します。

この取り組みは、全国(全世界)のリハビリを必要とする子どもたちにインタラクティブデジタルアートでワクワクしたリハビリを届けます。さらに、病児・障がい児と健常児のタッチポイントをつくり『心のバリアフリー』を拡げることを目的としています。
[画像2: https://prtimes.jp/i/11497/24/resize/d11497-24-955156-1.jpg ]

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング