横浜の「絹の道」が繋ぐアジアと西洋音楽の融合『二胡・沈琳(シェン・リン)コンサート』

PR TIMES / 2015年9月17日 10時27分

シリーズ“シルクロードの旋律を奏でる”其の九

9月27日 岩間市民プラザで日本で活躍を続ける女性二胡奏者・沈琳(シェン・リン)のコンサートを開催。
二胡のほかピアノ・チェロ・パーカッションの豪華メンバーとともに中国民族音楽からジャズ、フラメンコまで幅広いレパートリーで圧巻のステージをお届けいたします。



異文化の風が怒涛のように日本に吹き込んだ明治時代。それは横浜が目まぐるしく発展した時代でもあります。
横浜港までの道は整備され、その中のひとつに八王子から横浜港に向かう「絹の道」があります。
横浜市岩間市民プラザは、その道沿いにあることから「絹の道」を中国のシルクロードに重ね合わせ、異文化交流の一環として毎年中国民族音楽の演奏会を開催。9回目を迎える今回は、若くして才能を発揮し、日本で活躍を続ける女性二胡奏者・沈琳(シェン・リン)が岩間市民プラザに初登場!
アジアと西洋の融合をぜひこの機会にご堪能ください!!
[画像1: http://prtimes.jp/i/14302/24/resize/d14302-24-118762-1.jpg ]



[表: http://prtimes.jp/data/corp/14302/table/24_1.jpg ]



        
出演者:沈琳(二胡)、進藤陽悟(ピアノ)、平山織絵(チェロ)、海沼正利(パーカッション)
演奏曲:蘇州夜曲、ストレンジャー・イン・パラダイス、牧羊女、女人花、永遠の道 ほか


[画像2: http://prtimes.jp/i/14302/24/resize/d14302-24-319203-0.jpg ]

沈琳(シェン・リン)
中国揚州市出身。揚州大学音楽学科卒業。南京芸術学院大学・楊易禾教授に師事。幼少時より二胡を始め、12歳で初来日。19歳のとき、フランス・シラク大統領の訪中時、江沢民前総書記主催の歓迎会で独奏。2005年に演奏家及び二胡講師として来日。TBS唐招提寺プロジェクトで奈良唐招提寺の落慶法要にて独奏。現在、横浜を活動の拠点とし、財団法人あーすフェスタが主催する「あーすフェスタかながわ」や横浜華僑総会主催の「国慶聯歓会」、また「第一回日中民間文化芸術交流日」では実行委員や審査委員を務める。毎年リサイタルを横浜関内ホール、東神奈川かなっくホールなどで開催。活動の幅も広く、様々なアーティストのレコーディングやコンサートに参加。横浜市立樽町中学校吹奏楽部、「ブルースカイ ウィンドアンサンプル」の定期公演、各地のイベント等にもゲスト出演。2015年1月、横浜夢座「奇跡の歌姫 渡辺はま子」にて劇中音楽の二胡演奏を担当。CDは「私のお気に入り」や「夏の薫り」等をリリース。二胡教室を横浜市各地にて主宰。彼女の代名詞でもある「女人花」はYouTubeでのアクセス数100万回を超える。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング