ベンチャーから大手まで10社が登壇パイプドビッツ「SBCF 2017 +Plus~情報に自由を~」を開催~ 最新ITトレンドを紐解き、無限の可能性を秘めた情報活用法を一気にご紹介 ~

PR TIMES / 2017年9月8日 12時23分

情報資産プラットフォームを活用したソリューションを提供する株式会社パイプドビッツ(東京都港区、代表取締役社長CEO林哲也、以下「パイプドビッツ」)は、2017年10月20日(金)15時30分より、東京都港区のTKP赤坂駅カンファレンスセンターにて「スパイラル ビジネスコネクターズフォーラム(以下「SBCF」)2017 +Plus~情報に自由を~」を開催します。SBCF 2017の特設ページを公開し、申込受付を開始しましたので、併せてお知らせいたします。
▼ SBCF 2017 +Plus~情報に自由を~ 特設ページ
URL : https://www.pi-pe.co.jp/sbcf/2017/



[画像1: https://prtimes.jp/i/24879/24/resize/d24879-24-580152-0.jpg ]


 SBCFは、情報資産プラットフォーム「スパイラル(R)」の新機能や情報資産活用のご紹介にとどまらず、ビジネスコネクター(※1)同士の交流など、ビジネスの発展に繋がる機会を「スパイラル(R)」をご利用いただいているお客様や、パートナー制度であるSDP(スパイラル・デベロッパーズ・プログラム)会員様などにご提供するイベントです。なお、「スパイラル(R)」を現在ご利用でないお客様もご参加いただけます。
 ※1「ビジネスコネクター」とは
  パイプドビッツは、現代社会において最も重要な資産の1つである「情報資産」を活用し新たなビジネスを  創り出す皆様を「ビジネスコネクター」とお呼びしています。パイプドビッツが提供するクラウドサービスを  ご利用いただいているすべてのお客様がビジネスコネクターです。

■ SBCF 2017 開催概要
 節目の10回目を迎えた「SBCF 2017 +Plus~情報に自由を~」は、「サービス+サービス」、「企業+企業」、「人+人」といった様々な切り口による講演を3会場同時に開催します。A会場では、トレンドである「AI」や「チャットボット」、「EdTech(エドテック)」を取り上げ、いま注目されている理由やデータ活用法をご紹介します。B会場では、パイプドビッツカンボジアでのAI開発研究の取り組みをはじめ、パイプドビッツ社員らによる「スパイラル(R)」最新事例をご紹介します。C会場では、「スパイラル(R)」と連携実績のある企業様をお招きし、連携によって実現できるマーケティング改善策や業界特化ソリューションをご紹介します。
 また、懇親会(ドリンク/軽食付き)は、「スパイラル(R)」をご利用いただくお客様同士のフランクな交流の場としても毎回ご好評いただいておりますので、是非お越しください。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング