AI総合研究所NABLAS、大学発ベンチャー表彰2020「日本ベンチャー学会会長賞」を受賞

PR TIMES / 2020年9月28日 17時15分

AI総合研究所としてAI人材育成から社会実装までを手掛ける東大発ベンチャーのNABLAS株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役所長:中山 浩太郎、以下NABLAS)は、国立研究開発法人 科学技術振興機構(JST)、国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が主催する「大学発ベンチャー 表彰2020」において、「日本ベンチャー学会会長賞」を受賞しました。



[画像1: https://prtimes.jp/i/38634/24/resize/d38634-24-361748-0.jpg ]




「日本ベンチャー学会会長賞」の受賞


NABLASはAI総合研究所としてAI人材育成事業「iLect」を中心に、AIコンサルティング事業・R&D事業の3事業を一体で展開し、AIに関するソリューションを提供しています。
今回の大学発ベンチャー表彰2020では、受講者実績が数千人を超える教育プログラムや、AIに関するソリューション展開において着実な事業展開を行っている点、今後さらに拡大が見込まれるAI教育や企業等へのAI導入に視点をあてたビジネスモデルなどを評価いただき、受賞に至りました。
■受賞者情報: https://www.jst.go.jp/aas/award.html
[画像2: https://prtimes.jp/i/38634/24/resize/d38634-24-144596-1.jpg ]




「大学発ベンチャー表彰」とは

国立研究開発法人 科学技術振興機構(JST)と国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が2014年より主催する表彰制度です。大学などの成果を活用して起業したベンチャーのうち、今後の活躍が期待される優れた大学発ベンチャーを表彰するとともに、特にその成長に寄与した大学や企業などを表彰するもので、起業および起業後の挑戦的な取り組みや、大学や企業などから大学発ベンチャーへの支援などをより一層促進することを目的としています。
■大学発ベンチャー表彰ホームページ: https://www.jst.go.jp/aas


NABLAS株式会社について

当社は東京大学発のベンチャーであり、AI人材教育・育成機関、そして最先端のAI技術、特にDeep Learning技術を活用したソリューションを提供するAI総合研究所です。中心事業のAI人材育成事業では、代表の中山が東京大学にて開発したAI人材教育コンテンツと当社でアップデートしたコンテンツを学習環境iLect Systemと共に、AI人材育成サービスとして提供しています。AI技術の社会実装を様々な形で実現し、人・テクノロジー・社会問題を繋げ、人が人らしく生きられる社会の実現へ貢献していきます。

■会社概要
商号:NABLAS株式会社
代表者:代表取締役 社長 中山 浩太郎
所在地:〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1 東京大学 南研究棟251号
設立:2017年3月
事業内容:AI人材育成事業/コンサルティング/研究開発
URL: https://nablas.com/
お問い合わせ先:pr@nablas.com(広報窓口)

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング