1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

川崎アゼリアと連携 駅近保育園ならではの体験活動が実現

PR TIMES / 2021年8月30日 16時45分

子どもの笑顔を守るため祈りの風鈴と手形アートを制作 願いを綴った短冊を地元の神社へ奉納

メリー★ポピンズ 川崎西口ルームとメリー★ポピンズ アトレ川崎ルーム(所在地:神奈川県川崎市/運営:社会福祉法人どろんこ会)は、川崎駅のシンボル的商業施設「川崎アゼリア」(川崎アゼリア株式会社)と連携し、夏の特別展示「ちびっこ手形アート~ひまわり畑~&祈りの風鈴」制作に参加しました。8月末まで川崎アゼリアのハミングガーデンに展示されたのち、風鈴に取り付けた短冊は9月に地元の稲毛神社に奉納を予定しています。JR川崎駅ビル内および駅直結型の保育園ならではの体験活動が実現しました。



地域との関わりを大切に 駅近の立地ならではの活動

[画像1: https://prtimes.jp/i/41921/24/resize/d41921-24-d13f95fbb0aec83ed14f-0.jpg ]

 どろんこ会グループが運営する保育所では、子どもたちに「全ての人との関わりから判断・行動を身につける」という力を育むため、地域との関わりをとても大切にしています。今回の装飾のテーマが「アゼリアで働く方々とお客様、地域にお住いの方々とのつながり」ということもあり、近隣保育園として参加。園児の手形・足形で描いたひまわりや、風鈴につけた短冊に願い事を綴り、展示いただきました。

[画像2: https://prtimes.jp/i/41921/24/resize/d41921-24-2c05db24d8bf8a110c8f-2.jpg ]

 この企画には、コロナ禍で大変な中でも変わらない子どもの笑顔を守るため、また、子どもの願いを目にした大人がもうひと踏ん張り頑張れるように、といった思いも込められています。

[画像3: https://prtimes.jp/i/41921/24/resize/d41921-24-0322b84b381957c2927c-1.jpg ]

 この子どもたちの願いを大切にするために、園児たちが地元の稲毛神社を訪問し、短冊を奉納することが決まりました(※神奈川県に発令中の緊急事態宣言解除後を予定しています)。

プレスリリースはこちらよりダウンロードいただけます。
https://prtimes.jp/a/?f=d41921-20210830-d580ed57fd4bd93f7caa688aaee0e017.pdf

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング