1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

通勤時間に読める「じわる」Web事典、自粛緩和に伴い大幅リニューアル

PR TIMES / 2021年10月6日 10時45分

ITベンチャー考案 「読んで笑って元気になった」 と好評の百科事典

アプリ開発ベンチャーbondavi株式会社(本社:神奈川県、代表取締役:戸田大介)は、コロナ疲れを感じている人に元気を与えたいという思いから、Web百科事典 「bondavi事典」 にコロナ関連ワードを始め、23の新語と例文を追加しました。



[画像1: https://prtimes.jp/i/66061/24/resize/d66061-24-4f7f9c28b35e86faaccc-1.png ]



回答は 「B. サーファー」
bondavi事典ではこのように説明されています。
[画像2: https://prtimes.jp/i/66061/24/resize/d66061-24-4f226b1e84bfce15abbd-0.png ]


「じわるweb百科事典」 とは

「百科事典でじわる(じわじわと笑える)」 とはどういうことか?
そんな疑問を抱いた方もいらっしゃるでしょう。

しかも運営しているのは、事典とは最も縁がなさそうなITベンチャー。

ここまで読むと、
一体どんな事典なのかと疑問が膨らんだ方も多いと思います。

ご想像の通り、bondavi事典は普通の辞書ではありません。

bondaviがホームページで公開している 「bondavi事典」 は、
・説明できそうでできない言葉ばかり集めている
・社長自ら執筆した独特な例文を掲載している
という点で、他の事典と大きく異なります。

こんな語句もあります。
[画像3: https://prtimes.jp/i/66061/24/resize/d66061-24-af5646194d688ea16b34-3.png ]


収載語数は84。
今回のアップデートでは、「PCR検査」 「パンデミック」 「ソーシャルディスタンス」
など、コロナ関連語を中心に23語を追加しました。


緊急事態宣言解除に伴い、新語を追加

新型コロナウイルスとの戦いが始まって約1年8か月。
様々な制限を強いられる中、大勢の人が精神的な疲れを感じています。

そんな中とうとう、9月30日、全国の緊急事態宣言が解除されました。

見え始めた明るい兆し。
コロナのどんよりとした雰囲気を吹き飛ばせるのは、今しかありません。

「bondaviも、このチャンスに社会の力になることはできないか」

そう考えていた時に注目したのが、
以前から 「読んで笑ったら元気になった」 という声をいただいていたbondavi事典です。

大きなことはできないけれど、
bondavi事典の語句を増やし、読んでくれた人がクスっと笑ってくれたら、
世の中に少しは貢献できるのではないか。

例えば、通勤時間、勉強の合間、家事を終えて一息ついたとき、
bondavi事典を覗いてちょっと笑顔になれたら、
「また頑張ろう」 と前向きな気持ちになってもらえるのではないか。

そんなことを考えました。

そこで、社長のTwitterフォロワーから新語を募集し、新語を追加しました。
[画像4: https://prtimes.jp/i/66061/24/resize/d66061-24-b05d90de297f79eb4b9e-2.png ]


bondavi事典、誕生の経緯

bondavi事典は、社長の
「普通の辞書に載っていなそうな言葉を集めたら面白そう」
という思い付きから、2019年に製作が開始されました。

大々的な告知はせず、ひっそりと公開していたにも関わらず、
「実は好きです」 「読んで明るい気持ちになれた」 という声が多数届いております。

「哲学」 「前向きに検討します」 「チャレンジング」 「二次会行く人?」 など
ジャンルに縛られず幅広い語句を収載しています。


「わずかに役立ち、かすかに楽しい事典」 を目標に

まだまだ載っている言葉は多くありませんが、当面は 「1,000語掲載」 というチャレンジングな目標を掲げております。残り900語強。地道に追加していく予定です。
bondavi事典を目にした人に少しでも笑顔になってもらえたら、こんなに嬉しいことはありません。

bondavi事典 概要
公開日:2019年3月17日
収載語数:84
閲覧料:無料
URL: https://bondavi.jp/dic/


会社情報
会社:bondavi株式会社 神奈川県横浜市青葉区荏田西1丁目12番地39
代表取締役:戸田 大介 (とだ だいすけ)
HP: https://bondavi.jp
アプリ開発ベンチャー。無名企業ながら、作業集中アプリ 「集中」、習慣化アプリ 「継続する技術」 など、累計ダウンロード数は220万超。「ユーザーファースト」 の精神から広告やアプリ内課金を断念し、当然ながら経営難に陥っている。資金が尽きる前に黒字化しないと倒産する状況となっており、「寄付だけで黒字化」 という不必要にチャレンジングな目標を強いられている。
https://prtimes.jp/story/detail/zrPVL9HRWWB

アプリ 「集中」 ダウンロードURL
【App Store】 https://apps.apple.com/app/apple-store/id1387759250
【Google Play】 https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.bondavi.timer&hl=ja&gl=US

アプリ 「継続する技術」 ダウンロードURL
【App Store】‎ https://apps.apple.com/app/apple-store/id1120239484
【Google Play】 https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.bondavi.consistency&hl=ja&gl=US

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング