大人気カードゲーム「バトルスピリッツ」歴代最大のイベント「バトスピMAX」で11,000人超が白熱バトル!アニメの新シリーズもスタート

PR TIMES / 2012年7月25日 12時23分



 このたび、株式会社バンダイ(本社:東京都台東区)は、トレーディングカードゲーム「バトルスピリッツ」のイベント『バトスピMAX』を、2012年7月22日(日)に東京ビッグサイトで開催しました。

 「バトルスピリッツ」は、小学校中~高学年男児を中心に“バトスピ”の愛称で人気を博し、2008年9月の発売以来、約4年間で、カードの累計出荷数が9億枚を突破したトレーディングカードゲームです。また、最近ではゲームの奥深さから大人のプレイヤーも増えており、親子でカードゲームを楽しめることや、友達とコミュニケーションを取りながら遊べるので、注目を集めています。
 
 今回開催された『バトスピMAX』では「バトルスピリッツ」の日本一王者「覇王(ヒーロー)」が決定しました。2012年2月~2012年6月にかけて、全国10地区で開催されたエリア大会では、昨年の157%にあたる延べ15,159人が参加し、それぞれの地区での代表者を選出。『バトスピMAX』当日に開催された最終予選大会の代表者並びに、それぞれの地区の代表者による全国決勝大会が行われました。また、初心者に向けた体験会、はじめて大会やボール投げやダーツ、バトスピ神社などの夏祭りコーナーもあり、親子で楽しめるコーナーも多数ありました。更に現在放映中のテレビアニメ「バトルスピリッツ 覇王(ヒーローズ)」(毎週日曜朝7時、テレビ朝日系全国ネット)に出演中の声優によるステージイベントなどもあり、11,000人を超える方が来場し、一日中バトスピを楽しんでいました。

 当日は2012年9月9日(日)から放映予定の新アニメ「バトルスピリッツ ソードアイズ」の製作発表会が行われました。「バトルスピリッツ ソードアイズ」はテレビ朝日系で毎週日曜朝7時から放映の人気アニメ「バトルスピリッツ」シリーズの節目となる5作目。製作はメ~テレ、アニメーションはサンライズが担当します。
たくさんのファンの前に、出演が決定した声優の皆川純子さん、緑川光さん、諏訪部順一さん、そして監督を務める渡辺正樹さんが登場!4人は多くのファンを前に作品の出演に対する意気込みを語りました。 


■□小学校中~高学年男子に人気の「バトルスピリッツ」とは?□■
●ヒットメーカー マイケル・エリオット氏がゲームの原案を担当する奥深いカードバトル

「バトルスピリッツ」は、世界中で数々の大ヒットカードゲームを生み出している米国人のマイケル・エリオット氏がゲームの原案を担当しており、ドラゴン・悪魔・鳥・昆虫・天使など、多種多様な種族の「スピリット(モンスター)」を操って戦うトレーディングカードゲームで、「バトスピ」の愛称で親しまれています。「コア」を戦略的に使用することで、スピード感ある奥深いバトルを楽しむことが出来るのが特徴です。カードのデザインは、新進気鋭のデザイナーたちによる繊細なタッチ、かつ印象的なスピリットたちが描かれており、コレクションアイテムとしてもお楽しみいただいています。


●メディアミックス展開で、バトスピの世界観がさらに楽しめる
TVアニメ「バトルスピリッツ」シリーズ(メ~テレ・サンライズ・ADK製作)や、コミック(集英社刊「最強ジャンプ」連載/角川書店刊「ケロケロA」連載)とのメディアミックス展開により、キャラクターやその世界観に、
お子様自身が自分を投影させながら実際のカードバトルを楽しめるようになっています。


●月間5,000大会以上開催!色々な場所でバトル出来る
全国のカード取り扱い店舗にてカードゲーム大会・体験会を月に
5,000大会以上開催しており、各地で白熱したカードバトルが繰り広げられ、
盛り上がりをみせています。


~「バトルスピリッツ」の遊び方~
40枚以上の手札を用意し、2人で対戦します。
スピリット(モンスター)をフィールド(場)に召喚し、カードに記載されたスピリット同士の戦闘力を比べ、バトルをさせます。ゲーム中はエネルギーである「コア」を使ってカードをレベルアップさせたり、マジック(魔法)カードを使い、相手のスピリットを倒していきます。相手のライフを0にするか、相手のスタートステップで相手のデッキ枚数が0枚であると勝利です。


Battle Spiritsカードゲーム公式ホームページ  http://www.battlespirits.com
カードダスドットコム ホームページ http://www.carddas.com
バンダイホームページ http://www.bandai.co.jp/

(C)サンライズ/バンダイ・メ~テレ

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング