「コールセンター+SMSパッケージ」提供開始

PR TIMES / 2014年2月19日 16時30分

 株式会社もしもしホットライン(東京都渋谷区、代表取締役社長 竹野秀昭、以下もしもしホットライン)は、AOSテクノロジーズ株式会社(以下AOS)の提供するSMS(※)サービス「AOSSMS」を採用し、「コールセンター+SMSパッケージ」のサービス提供を開始致しましたのでお知らせいたします。



 「コールセンター+SMSパッケージ」は、コールセンターでの対応に加えて、「AOSSMS」機能を活用して文字情報やURL情報などを配信することで、より詳細な情報をお客様にご案内できるサービスです。お客様の電話番号をお伺いするだけで簡単にSMSを配信でき、より詳細な情報を即時配信するだけでなく、コールセンターの負荷軽減や稼働率の向上も図れます。
また、SMSでクーポンを配信するなどのキャンペーンにも活用が可能で、通信販売などのコールセンターや、アウトバウンドセンターと組み合わせることにより、受注率向上の効果が期待されます。

■「コールセンター+SMSパッケージ」のご利用イメージ
1. クーポン配信などによる販売促進効果
 通信販売の受注センター、アウトバウンドセンターなどでは、商品購入前にお問合せをいただいたお客様や、定期購買をご検討中のお客様などに対し、携帯番号を聴取するだけでSMSによるキャンペーン情報やクーポン、商品詳細情報などの配信を行えます。電話応対中、または応対の直後に適切なタイミングでお得な情報をお届けすることで、受注率の向上やアップセル・クロスセルなどの施策にもご利用頂けます。

2. 詳細情報をSMSで送信(Webサイトへの誘導)
 電話での口頭案内だけではなかなかお伝えしきれない視覚的な情報などをSMSで送信することが可能です。お客様から商品・サービスのお問合せをいただいた時に、詳細情報の掲載されたURLなどを送信したり、コールセンターでの対応・受付内容を通話後にお客様に送信することも可能です。

3. PBX(IVR)とAPI連携してあふれ呼をSMSへ誘導
 一時的に入電数が殺到した時に、インターネット注文のページのURLを送信してオンラインへ誘導したり、 定型的な問合せであればSMSで回答を送信するなど、コールセンターへの負荷を減らします。お客様からSMSで送信されたキーワードを識別して、該当情報を自動的にSMSで返信するセルフサービスにもご利用いただけます。

※SMS(Short Message Service)とは、スマートフォン・フィーチャーフォンを問わずほぼ全ての携帯電話機種に標準で搭載されている、携帯電話番号を宛先にして短文のメッセージを送受信できる機能です。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング