マジックソフトウェア・ジャパン「超高速開発コミュニティ」に設立メンバーとして参加

PR TIMES / 2013年8月7日 13時56分

~800社以上のパートナー/30,000社以上のユーザーで培ったノウハウで貢献~

 マジックソフトウェア・ジャパン株式会社(代表取締役社長:佐藤敏雄 本社:東京都渋谷区、以下:マジックソフトウェア)は、昨日(2013年8月6日)に発表された「超高速開発コミュニティ」の設立メンバー企業13社の中の1社として参加したことを発表します。

800社以上のパートナー/30,000社以上のユーザーで培ったノウハウで貢献

 超高速開発コミュニティにおいて、当社の主力製品である超高速開発ツール『Magic xpa application Platform』、およびノンコーディングシステム連携ツール『Magic xpi Integration Platform』といった2つのプラットフォームで実現する、【作る】/【繋ぐ】を統合したトータルソリューションをご提案します。

 全国800社以上のMagicパートナーと、30,000社以上のユーザー様は、そのほとんどが超高速開発を実践している活きた事例でもあります。

 マジックソフトウェアは、20年以上の長年にわたり、「Magicコミュニティ」によって培われてきた、超高速開発における先進ユーザーの事例とノウハウで貢献してまいります。
また、超高速開発コミュニティ会員企業とのコラボレーションを推進し、上流ツールとの連携統合およびアジャイル開発方法論の最適化を積極的に進めるなど、他のメンバー企業との協業を通じてコミュニティの活動を活性化すると共に、企業のスピード経営とIT業界の発展に貢献して参ります。


【超高速開発コミュニティについて】
8月6日に、高い生産性をもたらす開発ツール・開発メソドロジーを持つITベンダー13社によって設立を発表されました。
http://www.x-rad.jp/

【設立発表資料】  http://www.x-rad.jp/index.asp?patten_cd=12&page_no=593

【会長】 : 関 隆明 (ICT経営パートナーズ協会会長、前・ITコーディネータ協会会長)

【設立メンバー企業】


株式会社アイエルアイ総合研究所

株式会社アトリス

インフォテリア株式会社

株式会社ウイング

株式会社オープンストリーム

キヤノンソフトウェア株式会社

ケン・システムコンサルティング株式会社

サピエンス・ジャパン株式会社株式会社

ジャスミンソフト

株式会社 BlueMeme

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング