人気の屋上庭園「青空リビング」搭載タイプも登場! 桧家住宅、2012年9月に5展示場をオープン

PR TIMES / 2012年8月27日 12時48分



 株式会社 桧家ホールディングス(本社:埼玉県久喜市、代表取締役社長 近藤 昭)ならびに、関連子会社の注文住宅販売会社7社(桧家住宅、桧家住宅東関東、桧家住宅南関東、桧家住宅北関東、桧家住宅上信越、桧家住宅三栄、桧家住宅東北)および桧家住宅FC加盟店は、2012年9 月に神奈川県、埼玉県、栃木県、長野県、愛媛県の5県において新たに展示場をオープンいたします。

 2012年9月8日(土)の埼玉県「大宮北展示場」オープンを皮切りに、9月15日(土)には神奈川県「平沼展示場」と栃木県「足利展示場」が、さらに9月22日(土)には長野県「上田展示場」と愛媛県「松山展示場」がオープンいたします。これにより、桧家グループの展示場は95店舗(FC店8店舗を含む)となり、いよいよ全国100店舗が目前に迫っています。

 大宮北展示場、平沼展示場、足利展示場はリアルサイズ展示場へのリニューアルとなり、これにより周辺地域の皆様に最新のご提案をすることが可能となります。また、上田展示場は昨年12月にオープンした佐久平展示場に続く長野県の2会場目で、今後の需要拡大への足がかりといたします。松山展示場は、FC加盟店8社目となる株式会社 桧家住宅愛媛による愛媛県初出展の展示場です。同社は地元松山市を拠点とする優良ビルダーで、従来のロードサイド型の単独展示場から広域営業が可能な総合住宅展示場へと生まれ変わります。“HINOKIYA”ブランドの一翼として、四国地域での省エネeco住宅のさらなる普及を推進していただきたいと考えています。


 今回オープンする展示場はすべて、桧家住宅が推奨する40坪台の現実的な広さで家づくりのプランがご体感いただける「リアルサイズ展示場」となっております。また、桧家住宅の全商品で採用している現場発泡断熱材「アクアフォーム」の気密・断熱性能とアルミ蒸着遮熱シートで遮熱性能をアップさせた『Wバリア工法』を採用しており、一年中快適に過ごせる温度のバリアフリー化と、省エネでオープンな間取りの自由性を実現しています。


【大宮北展示場・平沼展示場の特徴】
モダンなホワイトの外壁にスタイリッシュな縦のスクリーン格子が目を引く
外観デザインです。

 また内観は庭のウッドデッキともつながり一体となった開放感のあるリビングや階段途中に設けられた家族コミュニケーションの起点となる「コミュニケーションブリッジ」など、最新の提案を満載しています。収納も充実しており、ウォークインクローゼットだけでなく、「土間収納」や、収納のみならずシアタールームやギャラリーとしても活用できる「小屋裏収納」を備えています。また、前出の「コミュニケーションブリッジ」の下にあるストックスペースは洗面所と玄関側の2WAYで使用可能です。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング