「Zoff Park Hakata」9月1日(土)にリニューアルオープン~九州エリア最大級 フラッグシップショップがキャナルシティ博多に誕生~

PR TIMES / 2012年8月29日 9時34分



この度メガネショップ「Zoff(ゾフ)」(本社 東京都渋谷区)は、2012年9月1日(土)に、
面積、品揃えともに九州最大規模を誇るフラッグシップショップとして
「Zoff Parkキャナルシティ博多店」、通称「Zoff Park Hakata(ゾフ・パーク博多)」が
リニューアルオープンいたします。


◆新店舗情報
Zoff Parkキャナルシティ博多店
〒812-0018 福岡県福岡市博多区住吉1-2-74サウスビル2階
TEL :092-291-1234
OPEN :10:00-21:00
取扱アイテム数 :約1,500種類


◆Zoff Park Hakataのコンセプト
「Park」は、公園、広大な敷地、パブリックスペースの意。
「ケヤキ並木の緑に囲まれた開放的空間」「人々が気軽に立ち寄り愛される店」
「メガネを楽しんでいただける“FUN”の提供」をコンセプトとした店舗に
なっております。
「Zoff Park Harajuku」(東京都渋谷区)に次ぐ「Zoff Park」2店舗目の
出店となります。


◆Zoff Park Hakataの特徴
1.Zoffのフレームがフルラインナップ
現在Zoffが展開している全フレームがフルラインナップされているショップです。
Zoffのアイウェアはベーシック/ビジネス/カジュアル/トレンドという4つの
ライフスタイルを中心に、シニア/キッズ/シーズン/スポーツの商品カテゴリーを設定。
あらゆるライフスタイルにマッチする商品バリエーションで「選びやすく買いやすい」
ショップ環境を目指しました。
約1,500バリエーションと九州エリア最大級の品揃えが最大の特徴です。

<Zoff(ゾフ)>
「TPOに合わせてメガネを着替える」をコンセプトに、フレーム+レンズ代込みで
5,250円、7,350円、9,450円のスリープライスというリーズナブルな価格で
メガネを提供。超軽量、超柔軟なメガネ「Zoff SMART」が大ヒット中。

<CONSOMME(コンソメ)>
ハイエンドなデザイン、ラグジュアリー志向の上質なアイウェアをコンセプトに
¥9,450~¥15,750の3プライスで展開
※九州エリアでは「Zoff Park HAKATA」のみ取扱

<Zoff Latte(ゾフ・ラテ)>
「リラックスタイムにも気を抜かない」女の子のためのリラクシングアイウェアを
提案しています。
※九州エリアでは「Zoff Park HAKATA」のみ取扱

<Dear HOLDEN(ディア・ホールデン)>
トレンドとトラディショナルの融合。ロックテイストが若い男性に絶大な
支持を誇るメンズレーベル。

<Love Dorothy(ラブ・ドロシー)>
魔法の世界から抜け出してきたようなポップでキュートなデザインは
10代~40代と幅広く女性のハートを射止めるレディースレーベル。

Coming soon...
今後、海外有名ブランドアイウェアのセレクトラインも取り扱い予定です。
※九州エリアでは「Zoff Park HAKATA」のみ取扱

2.他店にはない機能的オプションレンズ
ライフスタイルを豊かにする機能的なレンズは、Zoff Parkならではの充実の
品揃え。今話題のパソコン作業時の目の疲れを軽減するブルーライトカット
レンズ「Zoff PC」の他、紫外線に触れるとクリアレンズからグレーやブラウンへ
段階的に色が変わる1本のメガネをサングラスとしても併用できる「調光レンズ」、
「遠近両用レンズ」「中近両用レンズ」の他に「近々両用レンズ」など他の
ゾフ・ショップでは取り扱いのない多種多様な特殊レンズのオーダーを
Zoff Parkのみで承ります。

3.CSR活動のプラットホーム
Zoff Park各店は、2009年から弊社が実施している不要になったメガネの下取り、
寄付活動を常時行っています。
お客様からご提供いただいたメガネは、弊社より「ライオンズ眼鏡リサイクル
センター」(LERC)に寄贈され、補修等したうえ開発途上の眼鏡を必要とする
国々へ送られます。
※他社製品、破損した製品でも構いません。


◆オープニングキャンペーン
Zoff Park Hakataのリニューアル・オープン記念として福岡エリアの近隣3店舗
合同でキャンペーンを行います。
1. 9月1日(土)~9月17日(月・祝)の間一部商品が¥4,095~のセール
2. 各店先着300名 計900名にメガネまたはサングラスのご購入で次回購入時に
  使用できる¥1,000分割引クーポンをプレゼント




企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング