アディダスがラグビー日本代表へコンプレッションウエアを提供開始!

PR TIMES / 2012年3月19日 14時37分



桜のジャージを着て世界に挑むラガーマンを『TECHFIT(テックフィット)』全力サポート!

マルチスポーツブランドのアディダス ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区矢来町、代表取締役:ポール・ハーディスティ)は、日本ラグビーフットボール協会(JRFU)と2012年3月19日(月)に「オフィシャルコンプレッションウエアパートナー」の契約を締結しました。2019年には、日本で開催されるラグビーワールドカップに向け発展を続ける日本ラグビー界、ひいては日本のスポーツ界の発展に寄与していくため、今回の契約へと至りました。
世界のラグビーを牽引し続けるニュージーランド代表・オールブラックスで、以前より着用されているアディダスの機能性アンダーウエア「TECHFIT(テックフィット)」が、ラグビー日本代表の活躍をサポートしていきます。

■日本代表 佐々木 隆道選手(サントリー サンゴリアス所属)のコメント
「これまでも、所属チームではトレーニングはもちろん、試合においてもテックフィットのパワーウェブを着用してきました。背面に施されたパワーバンドが体の軸を安定させ、プレー中でも正しい姿勢へと導き最高のパフォーマンスを実現することを促してくれます。4月からは日本代表でもテックフィットを着用し、より高いパフォーマンスができるように頑張ります。」

■『TECHFIT』について
『TECHFIT』は、サッカーレアルマドリードのカカ選手、バスケットボールNBAオーランド・マジックのドワイト・ハワード選手、スプリンターであるタイソン・ゲイ選手といった世界的に著名なアスリートをはじめ、国内ではサッカー日本代表や、西武ライオンズの中島裕之選手、読売巨人軍の坂本勇人選手達に愛用され、さまざまなスポーツ界で活躍する一流アスリートに認められた機能性アンダーウエアです。

構造は、的確に配置されたパワーバンドテクノロジーが正しい姿勢へと導き、適度な締めつけによるコンプレッションテクノロジーが筋肉の過剰なブレを抑制。『TECHFIT』はホールド性を高く保つことで、最大のパフォーマンスを目指すプレイヤー向けの『POWERWEB(パワーウェブ)』から、適度なホールド性により着心地や吸湿・速乾を重視した『ZONE ENTRY(ゾーン エントリー)』、段階着圧テクノロジーがプレー後のカラダを疲れにくく可能にするシリーズ『TUNED(チューンド)』まで、それぞれの運動ニーズに応じた3つのラインナップを取り揃えています。
『TECHFIT』は、ビギナーからアスリートまでのパフォーマンスをサポートし、アディダスのテクノロジーを凝縮した機能性アンダーウエアです。(全国のアディダス直営店とアディダス取り扱いの大手スポーツ用品店で販売しております。)

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング