「BiNDサーバー」は 6月13日(水)より「WebLiFE*サーバー」に名称変更いたします。

PR TIMES / 2012年5月25日 14時38分



株式会社デジタルステージ(本社:東京都世田谷区、代表取締役:平野友康)は、HTMLベースのウェブが制作できるソフト「BiND for WebLiFE*」(バインド・フォー・ウェブライフ、以下BiND)シリーズ専用のサーバーサービス「BiND Server」(バインド・サーバー)の名称を、2012年6月13日(水)より「WebLiFE* Server」(ウェブライフ・サーバー、以下WebLiFE*サーバー)へ変更いたします。

弊社は、2012年7月にjQueryベースのウェブが制作できる「LiVE for WebLiFE*」(ライブ・フォー・ウェブライフ、以下LiVE)を発売いたします。LiVEの発売に伴いこれまでBiND専用のサーバーとして提供してきたサービスを、2つのウェブ制作環境をそれぞれ快適に提供していくサービスとして、さらなる機能の充実と向上を目指してまいります。


■独自ドメインを3つまで所有できるマルチドメインに新たに対応。

新しいWebLiFEサーバーでは、BiNDサーバー・プレミアムコースで提供していた独自ドメインサービスが、マルチドメインに対応いたします。これまで必要なドメインの数だけ個々に契約いただいておりましたが、1つのコース契約でドメインを3つまでご利用いただけるようになります。

またLiVEの利用者には、ソフトをより本格的に使いこなすためのプレミアム機能を用意しました。

----------------------------------------------------------------------
【従来のサービスからのリニューアルポイント】

1.独自ドメイン設定でドメインが3つまで設定可能

これまで複数のサイトを公開する場合、ドメイン毎にプレミアムコースかオンラインショップコース(年間契約)の契約が必要でしたが、WebLiFE*サーバーでは1つのコース契約で異なるドメインを3つまで利用できるようになりました。
※ショッピングカートの設定は、ドメインごとに行うことができません。オンラインショップの管理をドメインごとに行いたい場合には、その分だけの契約が個別に必要になります。

2.コントロールパネルのデザインが変更

サービス名の変更に伴いコントロールパネルのデザインを一新いたします。契約状況や各機能の詳細がコントロールパネル上でわかりやすく確認できるようになりました。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング