Clouderaとインテル コーポレーション、 企業によるビッグデータ活用の加速と変革に向けて協業 インテル、Clouderaへの大規模な株式投資を実施

PR TIMES / 2014年4月1日 11時47分

インテル コーポレーション(本社:米国カリフォルニア州サンタクララ、CEO ブライアン・クルザニッチ 以下、インテル)とCloudera(本社:カリフォルニア州パロアルト、CEO トム・ライリー)は本日、広範かつ戦略的なテクノロジー、事業に関する協業と、インテルからClouderaへの大規模な株式投資を発表しました。

(*2014年3月27日に米国で発表されたプレスリリースの抄訳です。)
この投資により、インテルはClouderaの筆頭株主となるとともに、Clouderaの取締役会に参画します。今回の投資は、データセンター関連テクノロジーへの単一の投資案件としては、インテルとしてこれまでで最大のものです。今回の協業により、Clouderaの業界をリードするApache Hadoop(TM)をベースとした企業向けデータ分析マネジメント・ソフトウェアと、インテルの業界をリードするインテル(R) Xeon(R) プロセッサーを搭載したデータセンター・アーキテクチャーの組み合わせによるメリットを提供します。今回の協業は、顧客のビッグデータ・ソリューションの導入を加速することを目的としており、オープンソースのApache Hadoopソリューションを導入することで、あらゆる規模の企業がデータからさらなるビジネス上の価値を容易に獲得することができます。今回の戦略的協業と株式投資は、通常の規制当局の認可など、標準的な取引完了条件に従って行われます。

Clouderaは、同社のCloudera’s Distribution Including Apache Hadoop(CDH)の推奨プラットフォームとしてインテル・アーキテクチャー(IA)を採用し、CDHをIA向けに開発、最適化するほか、インテルのファブリックやフラッシュメモリー、セキュリティーなどさまざまな次世代テクノロジーに対応する予定です。また、インテルはCDHや統合ビッグデータ・ソリューションであるCloudera Enterpriseをインテルの推奨Hadoopプラットフォームとして採用し、自社の顧客へのマーケティングや販促活動を実施する予定です。さらに、インテルは両社共同のロードマップの実現に向けて、エンジニアリングやマーケティングのリソースを投入します。Apache Hadoop対応インテル(R) ディストリビューション・ソフトウェア(インテル(R) ディストリビューション)とインテル(R) データ・プラットフォームはCDHと統合される予定で、3月末に予定されているインテル(R) ディストリビューションのバージョン3.1のリリース以降に統合される予定です。そして、インテルとClouderaは、顧客のCDHへのスムーズな移行に向けて、インテル(R) ディストリビューションとインテル(R) データ・プラットフォームからCDHへの移行プロセスの提供に協調して取り組みます。また、Clouderaは、両社ソリューション統合後のすべての機能強化について、両社がそれぞれ取り組んでいるオープンソース・プロジェクトとCDHに寄付します。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング