阪神タイガース・新井貴浩選手が初の書き下ろし『阪神の四番』(PHP新書)を出版

PR TIMES / 2012年11月16日 14時50分

株式会社PHP研究所(京都市南区・代表取締役社長 清水卓智)は、2012年11月19日、新井貴浩著『阪神の四番 七転八起』を、PHP新書から発売します。

本書は、プロ野球・阪神タイガースの主力として活躍する新井貴浩選手初の書き下ろし作品。新井選手は本書の中で、広島カープから阪神タイガースへの移籍時の思い、阪神の主力としての責任、選手会会長としてのWBC参加問題などを赤裸々に語っています。



高校、大学と目立った実績は上げられなかったものの、誰よりもひたむきに泥臭くプレーしてきた新井選手は、ドラフト6位で広島東洋カープに入団。2005年には本塁打王を獲得し、2008年にFAで阪神タイガースに移籍します。阪神でも打点王を獲得しますが、優勝から遠ざかってしまうチームに、責任感の重い著者は、チャンスに打てないなど悪循環に陥ります。


いま、僕はファンから見ても自分から見ても、たとえ四番に名を連ねたとしても、たんなる「四番目のバッター」であり「真の四番」とは認められてないのである。
移籍してから、一度もチームが優勝していない、という事実が、僕が「四番失格」であることを何よりも雄弁に物語っている。現時点では、そう認めざるを得ない。それが現実なのだ。
僕は、阪神タイガースの選手として、四番として気持ちを奮い立たせねばならない。阪神への移籍を決めた初心に戻って……(本書より)


「阪神で日本一になりたい」……本書で新井選手は、来シーズン、再び阪神タイガースの四番としての再起を誓っています。


「阪神の四番」の資格とは? 

引退したアニキこと金本知憲さんから託された思いとは? 

そしてWBC出場の舞台裏とアマとプロのあるべき姿とは? 


その「七転八起」の野球人生は、阪神ファンのみならず、すべてのプロ野球ファン必読の一冊といえます。


【主な内容(目次)】
●カープとタイガースは何が違ったか
●目を瞑ってでも、とにかく振ることの大切さ
●気持ちもスイングも、ぶれない「芯」をつくる
●「心」の土台の上に「技」と「体」はある
●WBC出場問題は、NPBの未来のためである


【商品情報】
■発売日:2012年11月19日
■判型:新書判並製
■ISBN:978-4-569-80539-9


【ご参考】

《PHP研究所》 http://www.php.co.jp/books/detail.php?isbn=978-4-569-80539-9/

《アマゾンドットコム》 http://www.amazon.co.jp/dp/4569805396/


【本件に関するお問合せ】

株式会社 PHP研究所
広報担当:高橋、秋元
 TEL:03-3239-6229 FAX:03-3239-6248          
 E-mail:prinfo@php.co.jp
 URL: http://www.php.co.jp/

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング