新興成長市場向けのセーフティテクノロジー ボッシュがモーターサイクル用フロントABSを開発

PR TIMES / 2012年10月11日 16時49分



・小型モーターサイクルに合わせてコストを最適化したソリューション
・前輪の制御により安全性を向上
・モーターサイクル用ABS Generation 9のエントリーバージョン
2013年に生産がスタート

アジアの都市では、二輪車が主要な交通手段となっています。ただ、モーターサイクルには自動車のクラッシャブルゾーンに相当するものがないため、事故によるケガの危険性がかなり高くなります。そこでボッシュは、現地で一般的となっている低価格のモーターサイクルやスクーターに特化したアンチロック・ブレーキ・システムを開発しました。このシステムはモーターサイクル用ブレーキコントロールシステムGeneration 9をベースにしていますが、前輪を制御する油圧ブレーキの回路は1つしかありません。「この新しいフロントABSは低価格であっても、安全性を著しく向上させます」。シャシーシステム・コントロール事業部長のゲルハルト・シュタイガー(Gerhard Steiger)はさらにこう続けます。「ABSにより、ケガを伴う事故や死亡事故を1/4減らすことができます」。ABS 9M lightと呼ばれるこのシステムは、二輪車の安全性向上のために、インドのモーターサイクルメーカーの協力のもと、日本ボッシュにあるコンピテンス・センターで開発が進められており、量産の開始は2013年を予定しています。

モーターサイクルのホイールがロックすると、まず間違いなく危険な状況に陥ります。後輪がロックした場合には、ブレーキを解除すればロックを解消できますが、前輪の場合にはこうした手段では間に合わず、ライダーはモーターサイクルから振り落とされてしまいます。これは、ブレーキング時には重心が前に移動し、減速は主に前輪を通して行われるため生じます。そこでアジアの多くの国々では、エンジン排気量が250 ccm以上のモーターサイクルの場合、後輪にも機械式ケーブルブレーキでブレーキをかけるようにしています。日本のボッシュ・シャシーシステム・コントロール事業部長を務めるヴォルフガング・ヒラー(Dr. Wolfgang Hiller)はこう述べます。「前輪の油圧ブレーキのブレーキ圧制御によりホイールロックを防止し、最大の減速が可能になるため、安定性が著しく向上します」

■高性能なABS Generationをベースに

新しいABS 9M lightは、ボッシュのモーターサイクル用ブレーキコントロールシステムGeneration 9の、コストパフォーマンスの優れたエントリーレベルの製品です。そのハイドロリックユニットは2つのコントロールバルブ、リザーバーチャンバーとポンプエレメントで構成されています。よりパワフルなABSシステムと同様、リターンポンプを駆動する電気モーターを装備し、コントロールユニット(回路基板)が組み付けられています。システムはホイール毎の基準速度を、前輪のセンサーから提供される速度情報に基づいて計算し、ブレーキング中に最大限の安定性を確保できるよう、ホイールの基準速度は実際の車速に合わせて常時調整されます。また、後輪にさらにセンサーを追加すれば、ブレーキをより正確に制御できるようになります。こうした構成により、減速比がベーシックな2回路システムに合わせて調整され、後輪の浮き上がりを完全に抑制します。なお、モーターサイクルメーカーはオプションで、オン/オフスイッチを組み込むこともできます。

新しいフロントABSのソフトウェアもロワーパワーセグメント向けに最適化されました。よりパワーのある大型モーターサイクル向けには、前後輪を制御でき、オプション機能がさらに充実したABS baseとABS plusが揃っているほか、最高クラスとしてABS enhancedが用意されています。また、内蔵のeCBSコンポジットブレーキは、ライダーが前輪または後輪のみにブレーキをかけた場合でも両輪にブレーキ圧を配分します。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング