【東洋大学】日本初、携帯電話で受講可能な通信教育システム 東洋大学通信教育課程「メディア授業」2013年度4月生の出願受付開始

PR TIMES / 2013年1月22日 18時3分

============================
日本初、携帯電話で受講可能な通信教育システム
東洋大学通信教育課程「メディア授業」   
2013年度4月生の出願受付開始  
http://www.toyo.ac.jp/tsukyo/
============================



 東洋大学(文京区白山/学長・竹村牧男)の通信教育課程が、2013年度4月生の出願
受付を開始いたしました。本通信教育課程では、日本の大学で初めてとなるmicroSDを用いた
「メディア授業」を導入しています。
 「メディア授業」は、 2012年度に創立125周年を迎える記念事業の一環として導入され、
授業動画を収録したmicroSDカードを用いてワンセグ対応携帯電話などの機器で視聴し、
授業を受講する、日本初のまったく新しい方式です。従来は、授業を視聴するためにインター
ネットの接続や視聴環境の制約がありましたが、今回採用した方式では動画コンテンツを
ダウンロード・ストリーミングする必要がないため、ロケーションフリーで授業を視聴できます。


--------------------------------------------------------------------------------------------------
日本人の平均通勤時間は往復79分!往復の通勤で約1コマの授業を視聴可能
--------------------------------------------------------------------------------------------------
 本授業では、往復の通勤時間で約1コマの授業を視聴することが可能です。今回の「メディア
授業」の採用により、資格取得などスキルアップを目指す社会人にとって、移動時間での学習を
可能にするほか、オフィスでの昼休み、就寝前のひと時など、時間や場所を選ばずに「隙間
時間」を活用して、幅広い分野での学力向上を図ることが可能です。
 授業科目数は、20科目(90分授業240コマ)に対応しており、その内容は、従来の「黒板の前での
授業」をイメージし「授業をありのまま届ける」をコンセプトとしているため、リアルな授業を
体感いただけます。 
 東洋大学では、創立者井上円了の「東洋大学は余資なき、有暇なき人々のために作られた
大学である」という意志を受け継ぎ、通信教育課程などを通じ、忙しい方々にも、時代のニーズに
合った学びの場を提供してまいります。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング