戦略的な知的財産強化に向けて「IP戦略室」を新設~ 特許で世界に打って出る ~

PR TIMES / 2013年6月5日 13時27分

アプリックスIPホールディングス株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:郡山龍、以下「アプリックスIPホールディングス」)は、当社グループの知的財産権の形成や、ライセンスなどを含む知的財産の活用を戦略的に進めていくために、当社グループの知的財産を総合的に管轄する「IP戦略室」を新設し、知的財産の強化に乗り出していくことを発表いたします。

当社グループにおける知的財産活動は、ソフトウェア基盤技術事業におけるDE(M2M)事業や、コンテンツ・サービス等事業におけるコミックス、ゲーム、アニメーションなどの国内および海外展開を円滑に推進するための出願戦略や、それぞれの国および地域における適切な知的財産の取得・維持・活用などが重要になってきており、各事業を展開していく上で不可欠な活動と位置づけております。

このたび新たに発足した「IP戦略室」の室長には、国内トップメーカーの元知的財産部統括部長「後藤哲也」氏を迎え入れるとともに、管掌役員には当社代表取締役の郡山龍が兼務することにより、当社グループの知的財産戦略から知的財産の権利化、ライセンスなどを含む知的財産の活用までを含めたIP戦略を強力に推進してまいります。リスク回避や防衛手段としての活動にとどまらず、当社グループの各事業に資する効率的で効力の大きい知財を創出し、権利を戦略的に獲得・活用していくための活動にも取り組んでまいります。

当社では、今年4月、商号をアプリックスIPホールディングスへ変更し、社名に「IP」を冠するように、知的財産が重要な経営資産として当社グループの事業活動を支えていくべく、その発展と強化を図ってまいります。

以 上


■ アプリックスIPホールディングス株式会社について
アプリックスIPホールディングスグループは、ソフトウェアテクノロジーによって世界中の人々がより充実した生活を楽しめるようにすることを使命として事業を営んでおります。ソフトウェア基盤技術事業においては、携帯電話やパーソナルコンピュータ等の民生用電子機器に向け優れたソフトウェア技術の研究開発・販売、さらにはM2M市場に向けた革新的な技術やサービスを提供する一方で、コンテンツ・サービス等事業においては、出版事業や映像事業を中心に、自社IPを最大限に活用する総合エンターテインメントを展開しております。2013年4月1日付を以ちまして、当社商号を「アプリックスIPホールディングス」に変更いたしました。これを機に、当社グループの原点に立ち戻り、国内外で知名度の高い「Aplix」のブランド名をグループの名称に再び冠し、高度な技術を以ってして企業価値の向上と収益の増大を目指してまいります。 
アプリックスIPホールディングスのwebsite(投資家情報等):http://www.aplix-ip.com/
アプリックスグループのwebsite(エンタメ情報等):http://www.aplix-group.com/

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング