長谷川理恵がこだわりの読書スタイルを披露! 電子書籍フェア「BOOKFESTA 2013 summer」茅ヶ崎イベント大盛況

PR TIMES / 2013年8月5日 17時54分

キャンペーンは8月9日開始、『テルマエ・ロマエ』も参加決定



電子書籍共通配信プラットフォーム提供会社の株式会社ブックリスタ(代表取締役社長 今野敏博)は、先日8月3日(土)に神奈川県茅ケ崎市・サザンビーチにて、「BOOKFESTA 2013 summer “本”にまつわる3つのイベント in 茅ヶ崎」を開催いたしました。

当日は晴天にも恵まれ、たくさんの方にご来場いただきました。サザンビーチカフェで開催した「『海×本×ビール』in 茅ヶ崎 長谷川理恵&幅允孝トークイベント supported by booklista」では、長谷川理恵さんとブックディレクター幅允孝さんが、自身の読書スタイルや、影響を受けた本、紙の本と電子書籍の使い分けなど、本にまつわるさまざまなことをお話くださいました。


自らを「読書家ではない」と語る長谷川さん。ビジネス書を中心に読まれており、お風呂の前には本がたくさん積まれているそう。お子さんが生まれてからは「絵本は、大人が読んでもグッとくるお話がある」と新しい発見もされているそうです。また、マラソン合宿の際に必ず持っていくという本の紹介もされました。「気に入った本は、読むものと、半ばお守りのように持っているものの、2冊買う」というこだわりも披露。「電子書籍でも読むことがある、サッと買って読めるのがいい」と、紙の本と電子書籍を上手に使い分けていらっしゃるようです。

『朝リーディング』という著書もある長谷川さんに、会場から「どうすれば長谷川さんのように早起きできるでしょうか?」と質問が挙がる場面も。「辛いと思うなら無理しないで、自分が心地いいところで止めてみると、ストレスにならずにいつの間にか続けられる」とアドバイスを送られていました。


同日、1日だけ茅ヶ崎に出店した移動式本屋「BOOK TRUCK」では、茅ヶ崎や海にちなんだ作品など、当日のために特別に選書されたラインナップで、注目を集めました。トークイベント終了後は、長谷川さんと幅さんも、スペシャル書店員として店頭に立たれました。


当日は、ご来場のみなさんに書店員になりきってオススメPOPを描いていただくイベントも実施。お子さんからご年配の方まで、さまざまな方にご参加いただきました。いずれ劣らぬ個性豊かなPOPの数々は、後日booklista webサイトにて公開いたします。


イベントに続き、8月9日(金)より開始する「BOOKFESTA 2013 summer」キャンペーンでは、“海”にまつわるコミック作品を大特集。海を主な舞台として展開する作品から、たまたまデートに出掛けた先が海だった作品まで、さまざまな“海モノ”コミックをお楽しみいただく予定です。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング