PTCグローバルサポートが提供する顧客への事業価値

PR TIMES / 2014年9月18日 15時27分

Association of Support Professionalsによる2014年度「トップ10 Webサポートサイトアワード」賞を2年連続受賞

【2014年 9月18日】PTC(本社:米国マサチューセッツ州、Nasdaq: PTC、社長兼CEO:ジェームス・E・へプルマン)の日本法人であるPTCジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:桑原 宏昭)は、本日、Association of Support Professionals(ASP、サポートプロフェッショナル協会)による2014年度の「Top Ten Best Support Website」(トップ10 Webサポートサイトアワード)賞を2年連続で受賞したとの米PTCの発表を明らかにしました。本受賞は、カスタマーエクスペリエンス(顧客体験)向上に注力をおいたグローバルサポートプログラムを提供し、顧客との強固な関係の構築や事業の成功寄与を目指すPTCのコミットメントを明確にしています。

PTCは顧客への事業価値の提供を強化するため、従来のソフトウェア販売と保守から、以下の4つの重要な顧客課題に対応するグローバルサポートプログラムを再構築しました。

- 高品質な製品を予定通りに提供することで競争優位性を維持
- 信頼できる安定したソフトウェアリリースを提供
- カスタマイズの必要性を最小限に抑える製品を開発することでコストを抑制
- 知的財産に対するセキュリティ脅威を軽減

マーケットリサーチ会社であるSchnitger Corporationの社長 モニカ・シュニットガー(Monica Schnitger)氏は「優れたビジネスへのアプローチとは、適切なサポートサービスを提供することであり、競争優位性を生み出すことであることを、PTCは認識しています。PTCは優れたサポートサービスを提供するために、まず顧客ニーズを把握し、ゆえにPTCブランドへのより強固なロイヤリティを構築し、競合他社に対する優位性を確立しています」と述べています。

PTCは、顧客とのパートナーシップの中で、日常業務やバージョンアップ、システム移行の課題に関する専門知識や洞察を提供することで、サポートサービスの方向性を判断してきました。顧客からのフィードバックや要望に合致するサポート構築により、PTC eSupportポータルの利用が、2013年の開始時より165%増加しています。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング