小田急電鉄の新しいTVCM 「世界に一つの日々と」第1弾[2人の時間篇]

PR TIMES / 2015年7月23日 10時10分

7月23日(木)から放映開始!

小田急電鉄株式会社(本社:東京都新宿区 社長:山木 利満)は、2015年7月23日(木)から、新たなCMの放映を開始します。
新たなCMは、当社グループの経営理念である【お客さまの「かけがえのない時間(とき)」と「ゆたかなくらし」の実現に貢献します。】をもとに、小田急沿線で過ごす時間やくらしの魅力を、沿線内外のより多くの方々に知っていただきたいという想いを込め制作しました。
「世界に一つの日々と」をCMのキャッチコピーとし、シリーズ化していくことで、継続的に小田急沿線の魅力を発信してまいります。第1弾は[2人の時間篇]です。



[画像: http://prtimes.jp/i/12974/25/resize/d12974-25-374209-0.jpg ]



◆ キャッチコピー 「世界に一つの日々と」
ありのままの自分らしい人生を楽しみながら、小田急沿線で生きていく。その日々は、世界にたった一つしかない、そして、ひとりひとりにとって世界一の大切な日々。そんなかけがえのない人生にずっと寄り添い続けていきたいという、わたしたち小田急の想いを言葉にしました。

◆ 第1弾 [2人の時間篇]
7月23日(木)から放映する[2人の時間篇]は、交際間もない2人の大切なひと時を描いたCMです。小田急沿線の経堂を舞台に、20代後半の2人の等身大の心情を切り取ったストーリーです。


1.タイトル   「世界に一つの日々と [2人の時間篇]」  (30秒、60秒)
2.放映開始日   2015年7月23日(木)
3.主な放映媒体
・テレビCM TBSテレビNスタ (関東エリア)
・小田急線 車内液晶ディスプレイ「小田急TV」
・当社ホームページ   http://www.odakyu.jp/days/
・YouTube   (30秒)  https://www.youtube.com/watch?v=jK2pn5bLUxY
            (60秒)  https://www.youtube.com/watch?v=507jN9fYyJA
4.CMあらすじ
仕事先で出会い、付き合うようになった2人は、男性が学生時代に通った経堂でデート。そのデートの終わりに、経堂駅の上り、下りホームで向かい合い、楽しかった時間を思い出す2人。その後、彼女のホームに来た電車で彼女は見えなくなり少し切なくなる彼。そして、電車が発車し帰っていく彼女。と思ったその時・・・。

(参考)
出演者 
・朝倉あき:1991年生まれ。2007年1月、ドラマ『わたしが子どもだったころ「女優・斉藤由貴」』でデビュー。その他、主演作にドラマ「とめはねっ!鈴里高校書道部」(10年)など。スタジオジブリ作品『かぐや姫の物語』(13年)では主人公かぐや姫を担当。
・石田法嗣(ほうし):1990年生まれ。2002年公開の『カナリア』では第60回毎日映画コンクール・スポニチグラ ンプリ新人賞を受賞。その他、主な出演作に『恋しくて』(07年)、『少年メリケンサック』(08年)など多数。
・広告会社:株式会社小田急エージェンシー、株式会社タグボートツー、株式会社タグボートスリー
・制作会社:株式会社ダンスノットアクト
・演出:川西純
神奈川県出身。92年電通プロックス(現「株式会社電通クリエーティブX 企画演出部」)入社。2013年よりフリーランスとして活動。08年ロンドン国際広告祭で金賞を受賞するなど広告祭で数々の受賞歴を誇る。
・音楽:菅野よう子
宮城県出身。作曲家、編曲家、プロデューサー。CM、アニメ、映画、ゲーム、ドラマの作編曲を中心に活動。アーティストへの楽曲提供、プロデュースも手掛けるなど、幅広く活躍。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング