コロナ禍のロールモデルを目指す「サニックス杯ユースサッカー大会2021」をライブ配信!

PR TIMES / 2021年3月5日 13時45分

今年は国内大会かつ、無観客での実施となる「サニックス杯」。世界中のサッカーファンとユース世代の未来のために、特設サイトを設け、試合のライブ配信を行います。また、大会は、産学官連携の研究に基づくコロナ対策により運営。これからのスポーツイベントのモデルづくりをめざします。



株式会社サニックス(本社:福岡県福岡市、代表取締役社長:宗政寛)協賛の「サニックス杯ユースサッカー大会2021」が、3月18日に開幕します。今年は、試合映像をライブ配信します。

例年、国際大会として実施している大会ですが、今年は無観客で国内チームのみの大会となります。コロナ禍においても、サッカー界の未来を担う選手たちが、世界中から注目される場として「サニックス杯」を発信したいとの思いで、実施するものです。どなたでも無料でご覧いただけます。また、大会概要やチーム・選手の情報を、すでに特設サイトに掲載しています。あわせてお楽しみいただければ幸いです。

なお、大会会場「グローバルアリーナ」は、福岡県宗像市の委託を受け、福岡の医療系大学との協働により、「コロナ禍におけるスポーツ観光調査研究」に取り組んでおり、万全の対策で運営します。
[画像: https://prtimes.jp/i/25581/25/resize/d25581-25-834038-0.jpg ]


■大会特設サイト
  https://sanix-cup.com/

■ライブ配信(特設サイト内)
  https://sanix-cup.com/category/live/

■初のクラウドファンディング挑戦中!  
  https://readyfor.jp/projects/sanix-cup-soccer

<サニックス杯ユースサッカー大会2021>
[日程] 男子 2021年3月18日~21日/女子 2021年3月29日・30日
[会場] 株式会社グローバルアリーナ(福岡県宗像市吉留46-1)
[出場チーム]
■ 男子12チーム:サガン鳥栖U-18/鹿島アントラーズユース/サンフレッチェ広島FCユース/大分トリニータU-18/山梨学院高校/青森山田高校/帝京長岡高校/矢板中央高校/国見高校/佐賀東高校/東福岡高校/東海大学付属福岡高校
■女子国内8チーム:鳴門渦潮高校/AICJ高校/神村学園高等部/都城聖ドミニコ学園高校/鎮西学院高校/柳ヶ浦高校/筑陽学園高校/東海大学付属福岡高校

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング