ヘッドコーチ契約(新規)締結のお知らせ

PR TIMES / 2019年6月4日 19時40分



このたび株式会社フェニックスは、ブライアン・ロウサム氏と2019-20シーズンのヘッドコーチ契約を締結いたしましたので、お知らせいたします。

報道関係者の皆様には広い告知にご協力いただきますようお願い申し上げます。


<ヘッドコーチ契約締結>
■ブライアン・ロウサム(Brian Rowsom)
[画像: https://prtimes.jp/i/36377/25/resize/d36377-25-854827-0.jpg ]


【生年月日】1965年10月23日
【出身地】アメリカ・ニュージャージー州
【出身校】ノース・カロライナ大学ウィルミントン校
【選手歴】
1987   NBAインディアナ・ペイサーズ ドラフト2巡目 全体34位指名
1987-88 Pau-Orthez(フランス-プロA)
1988-90 シャーロット・ホーネッツ(NBA)
1990-91 Nancy(フランス-プロA)
1991-95 Hapoel Eilat(イスラエル)
1995-98 東芝レッド サンダース(日本リーグ)
1998-99 Manchester Giants(イギリス)

【指導歴】
2004   Guelph Gladiators(カナダ OPBA)ヘッドコーチ
2004-05 Carolina Thunder(ABA)ヘッドコーチ
2005-06 Charlotte Krunk(ABA)マネージャー2006   Brevard Blue Ducks(サマーリーグ・エキシビションチーム)2009-10 大分ヒートデビルズ(bjリーグ)ヘッドコーチ
2010-11 Al Ahli Sports Club(Quatar-D1)ヘッドコーチ
2011-14 Al Rayyan Doha(Quatar-D1)ヘッドコーチ
2014-16 東芝ブレイブサンダース神奈川(NBL)アシスタントコーチ
2016-17 Al Muharraq(Bahrain-Premier League)ヘッドコーチ2018   Hochiminh City Wings(Vietnam-VBA)ヘッドコーチ
2018-19 CLS Knights Surabaya(Indonesia)ヘッドコーチ

【コメント】
Hello to the Neophoenix family and fans!
I am very happy to be the head coach for the 2019-2020 season!
I'm excited about the possibility of working with the staff and players at San-En and I promise to always do my best to make everyone proud of our team next season!
As a former NBA player and also player in Japan I understand the love and passion for basketball in the beautiful country of Japan and that motivates me to want to bring a winning team to all of the Neophoenix fans!
I told my team in Indonesia all season long that we can have a good season or we can make it a special season and by winning the championship there and we made it a special season!
I hope to do the same for San-En!!
“Domo Arigato!”

三遠ネオフェニックスのファンの皆さん、こんにちは。
2019-20シーズンの三遠ネオフェニックスのヘッドコーチに就任できることを大変嬉しく思います。
三遠という地において、スタッフや選手と一緒に戦っていくのがとても楽しみです。
そして、皆さんから誇りに思ってもらえるチームになれるよう、いつも最善を尽くすことをお約束します。
元NBAプレーヤーとして、日本でプレーしたことがある者として、日本はバスケットに対して愛と情熱があるのを知っています。それは三遠ネオフェニックスのファンの皆さんに優勝する姿をお見せしたいという私のモチベーションになっています。
私はインドネシアのチームで、”シーズンをいいものにしよう、優勝して特別なシーズンにしよう”とシーズンを通して伝え、実際に優勝することができ、特別なシーズンを送ることができました。
フェニックスでも同じことができると願っています。
“どうもありがとう!”

<鹿毛誠一郎GMコメント>
ブライアン・ロウサム氏にフェニックスのHCに就任して頂くことになりました。
ロウサム氏は誠実で情熱がありチームの和を大事にするコーチです。チームワークを大切にし、チームで戦うというフェニックスの伝統を引き継いでくれるHCだと確信しています。また、ロウサム氏がNBAやヨーロッパで培った経験をフェニックスに吹き込んでくれる事を期待しています。

プレーヤーとしては、ノースカロライナ大学でオールアメリカンプレーヤーに選出、NBAにドラフトされ3シーズンプレーした後、ヨーロッパ、東芝レッドサンダース(日本リーグ)でもプレーした実績を持っています。HCとしてはbjリーグの大分で手腕を発揮し、昨シーズンは前年に5勝しか出来なかったインドネシアのチームをASEAN LEAGUEで優勝に導きました。
アシスタントコーチとして東芝ブレイブサンダース神奈川(現川崎)にも所属したこともあり、日本のバスケットを理解しているのも強みの一つだと思っています。
激しいディフェンスから速攻というフェニックスのスタイルに加え、ロウサムHCの経験と情熱が加わった新生ネオフェニックスに期待して下さい。

ロウサムHCの元でBリーグ初年度のように初戦からチャレンジし、ロケットスタートが切れるように準備していきますので、ご声援の程宜しくお願い致します。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング