【みんな電力】もっと繋がる「被災地応援でんき」開始

PR TIMES / 2020年9月11日 11時45分

ラブフォーニッポンと復興支援に貢献する再エネ発電所を応援

電気の生産者や空気の「顔の見える化」で社会をアップデートする、みんな電力株式会社(所在地:東京都世田谷区、代表取締役:大石英司)は、一般社団法人ラブフォーニッポン(所在地:東京都渋谷区西原3-32-5、代表:CANDLE JUNE)と協業し、被災地を応援できるプラン『被災地応援でんき』を、2020年9月11日(金)より開始しました。被災地にある発電所に毎月の電気料金から応援金100円を送ることができ、更にオンラインやオフラインのイベントなどを通してつながりを持ちながら応援できるプランです。



1.被災した土地で、復興支援に貢献する再エネ発電所を応援

[画像1: https://prtimes.jp/i/50516/25/resize/d50516-25-464163-0.png ]

[画像2: https://prtimes.jp/i/50516/25/resize/d50516-25-702902-1.png ]

ラブフォーニッポン 発電所視察の様子

この度『被災地応援でんき』として選ばれた発電所は、単に被災した土地に設置された発電所というだけでなく、その運営が被災地の復興支援に繋がっていることも重要な要素です。
東日本大震災以降、月命日の11日に福島県内で鎮魂のイベントを継続して行っている一般社団法人ラブフォーニッポンの協力を得て、その代表でアーティストのキャンドル・ジュン氏が実際に被災地を訪れ、発電者の思いや運営の意図などを知ることができた発電所に『被災地応援でんき』として支援をおこなっていきます。
被災地に行けなくても、おうちの電気で被災地とつながるコミュニティを目指します。


2.“半農半エネ”事業を支援 福島の「雇用」「観光業」の拡大に貢献したい
現在、『被災地応援でんき』プランから応援金を送ることができる発電所は、福島県・南相馬市の三浦広志さんが運営する3つの発電所です。そのうち、
1.「野馬土井田川太陽光発電所」は、2011年3月11に起きた地震・津波及び原発事故により使用することが困難になった農地を含む土地に太陽光発電施設を設置し、福島第一原発に最も近いソーラーパネルとして運営しています。またこの収益で相馬地域に住んでいる人の「雇用」を図り、「観光業」や新たな再生可能エネルギー拡大の研究のために活用し、農業復興に役立てる“半農半エネ”事業を運営しています。
2.南相馬市小高区井田川の津波跡地にある三浦さんと「みさき太陽光発電所V」、「みさき太陽光発電所I」は、もともとの本業であった農業を率先して推し進め、ブルーベリーと太陽光発電のコラボ・ソーラーシェアリングにも挑戦中。
3.「みさき太陽光発電所V」では、9年前に失った土地を農業と作物の加工を軸に、県内外の人と人との交流を通じて、もう一度夢を描ける地域につくりあげています。
[画像3: https://prtimes.jp/i/50516/25/resize/d50516-25-749614-2.jpg ]

三浦さんと「みさき太陽光発電所V」


3.ラブフォーニッポン キャンドルジュン氏の思い
被災地支援やボランティア活動は、なかなか参加しにくかったり継続することが難しいことだと思います。しかし、自分の生活で必要とする電気の料金がその役割を担うこととなれば、無理なくおこなえるのではないかと思います。また、その選択が増えることで被災地域のあらたな産業として電気生産者が増えることにも繋がります。
「悲しみから喜びへ」「おたがいさま」 私たちの活動のテーマです。
支援する側、される側ではなく、お互いが喜びあえる、絆づくりをみんな電力さんとともにおこなっていきたいと思います。


4.今後の展開
自然災害の起きた土地や再生可能エネルギー事業者を支援する大きな取り組みとして浸透させるため、福島に限らず、豪雨や台風被災地の発電所を随時追加していく予定です。発電所の追加に加え、誰もが被災地支援に参加でき、繋がりを持つことのできる機会をつくっていきます。


5.サービス概要
サービス名 :被災地応援でんき
サイトURL : https://minden.co.jp/personal/lfn/
サービス内容:被災した土地の発電所に毎月の電気料金から応援金100円を送ることができ、更にオンラインやオフラインのイベントなどを通して被災地と繋がりを持つことができる。
対象発電所 :
・「野馬土※1井田川太陽光発電所」
https://portal.minden.co.jp/powerplant-info/a0c5F00000RcrIUQAZ
・「みさき太陽光発電所I」
https://portal.minden.co.jp/powerplant-info/a0c5F00000RcrU0QAJ
・「みさき太陽光発電所V」
https://portal.minden.co.jp/powerplant-info/a0c5F00000RcrfSQAR

※1「野馬土(のまど)」とは、彼の地で1000年以上続く国指定の重要無形民俗文化財・相馬野馬追から「野馬」の字をいただき、土地を追われ遊牧民を意味する「NOMAD(ノーマッド)」となった市民を表し、さらには野に開け放たれた「野の窓」として本当の状況を伝える、情報発信の役割を担うようにと名付けられた造語です


6.会社概要
一般社団法人ラブフォーニッポン
団体名  :一般社団法人ラブフォーニッポン(LOVE FOR NIPPON)
代表 :CANDLE JUNE(キャンドル・ジュン)
設立日 :2011年3月14日 任意団体 LOVE FOR NIPPON 発足、
2011年6月一般社団法人に改組
所在地 :東京都渋谷区西原3-32-5 #16
活動内容 :様々な災害時においての被災者支援
URL : http://lovefornippon.com


7. みんな電力について
大手印刷会社で新規事業を担当していた大石英司が、再生可能エネルギー事業会社として2011年に設立。2016 年に発電者と生活者をつなぐ電力小売りサービス「顔の見える電力™️」を始めるなど、「納得感を持って選択する」という体験の提供にこだわり、2020年には清潔な空気環境の選択につながる空気環境改善事業「みんなエアー」を開始。今後もソーシャル・アップデート・カンパニーとして、独自のブロックチェーン技術を基盤とした「顔の見えるライフスタイル」の実現を目指す。

◇電力事業における3つの特徴
(1)再生可能エネルギー利用率NO.1 ※1
当社の再生可能エネルギー利用率は68.67%。低圧電灯を年間300MWh以上供給する小売電気事業者153社のうちNO.1の高さです。
※1…東京都公表「東京都エネルギー環境計画書制度 対象電気事業者一覧表」、経済産業省資源エネルギー庁公表「3-(1)電力需要実績(2018年度)」を基に自社調査

(2)電気の生産者と購入者をつなぐ電力小売サービス「顔の見える電力™」
現在150カ所以上の再エネ発電所と契約し、発電者の顔やストーリーを当社HPなどで積極的に開示しています。法人向けにはブロックチェーン技術を活用したP2P電力トラッキングシステムで、発電源を特定した再エネ電力の供給も行っています。

(3)納得してお支払いいただくための電気料金透明化
毎月の電気料金の内訳を1円単位で契約者にお知らせし、支払う電気料金が再生可能エネルギーの発展につながっていることを実感していただくサービス「超明細」を提供しています。


8. 本件の問い合わせ先
みんな電力株式会社 広報担当 中村、佐藤、姫井
E-mail :pr@minden.co.jp 
TEL : 03-6805-2228(受付時間 平日10:00~18:00)


\担当スタッフのインタビューも公開中です!/
https://minden.co.jp/personal/report/2020/09/11/2879

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング