1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

between the artsがArt Technologiesと提携し法人向けアート作品の管理サービスを強化

PR TIMES / 2021年9月17日 16時15分

~企業のアートコレクションの充実化を共同でサポート~

アート管理サブスクリプションサービス「美術倉庫」を運営する株式会社between the arts(本社:東京都港区、代表取締役:大城崇聡)は、法人向けアートサブスクリプション事業を運営するArt Technologies株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:居松篤彦、以下アートテクノロジーズ)と業務提携し、企業が保有するアートコレクションの充実化を支援する取り組みを共同で開始いたします。



[画像: https://prtimes.jp/i/61309/25/resize/d61309-25-4e240bd8d08b5b4f3aaf-0.jpg ]




業務提携の背景

between the artsはアートコレクターを対象に、コレクションを写真に撮るだけでオンラインで簡単に整理し、購入時期や金額など様々な情報を一覧化でき、さらに自宅で保管できないコレクションは、万全の環境で1作品、月額100円より預けることが可能なサービス「美術倉庫」を提供してきました。2021年6月からは作品のお預かり対象をアーティストにも拡張し、現在、約4,000点(オンラインも含む)の作品を管理しています。

アートテクノロジーズは、アートコレクターはもとより、企業がアートを活用できるオフィス・店舗等BtoBに特化したアート提供事業を軸に展開。若手の現代アートから、巨匠のモダンアートまで幅広く用意したコレクションの中から、空間や企業理念にマッチしたアート作品をレンタルし、同一作品を一定期間レンタルすることで購入が可能となるサービス「アートプレオプション」を提供しており、これまで約100社、1,500点の作品を取り扱い、アートギャラリーの運営も行っています。

昨今、ビジネス現場では資産価値の対象としてだけでなく、“アート思考”と呼ばれるアーティストが作品を生み出す際の思考プロセスにも注目が集まることから、実際にアートへの接点を増やそうとオフィスにアートを導入したいという企業ニーズが拡大しています。

一方で、オフィスにおいてアートを飾れるスペースに物理的な制限といった課題がある中、アートテクノロジーズのご利用企業のアートコレクションのさらなる充実化を図るべく、between the artsとの業務提携にいたりました。

具体的な取り組みとしては、アートテクノロジーズがアート作品をレンタルしている企業を対象に、「美術倉庫」への作品の保管と出庫に関わる付帯業務を、アートテクノロジーズにて代行管理いたします。これによって、アートテクノロジーズは作品の入れ替えや管理状態の把握など導入企業へのサービス価値向上を強化し、between the artsは法人向け作品管理事業の拡大を目指すことが可能になります。

両社は同じアートテックベンチャーとして、今後も連携強化していくことで、アート業界全体の活性化に寄与していまいります。

■アート管理サブスクリプションサービス「美術倉庫」について( https://bijutsusoko.jp/
アートコレクター向けに、アートコレクションを写真に撮るだけでオンラインで整理、一覧化できるサービスを無料で提供しており、購入時期や金額など様々な情報の管理が可能となります。加えて、自宅で保管できないアートコレクションを、万全のセキュリティと温度湿度が徹底された環境に1作品あたり100円~/月、最大8m (高さ×奥行き×幅の合計)まで預けることも可能です。

【株式会社between the arts 会社概要】
設立:2020年1月14日
資本金:141百万円(資本準備金含む)
代表取締役:大城 崇聡
所在地:〒105-0022 東京都港区海岸1丁目7番1号 東京ポートシティ竹芝 WeWork
事業内容:アートコレクションマネジメントプラットフォーム事業
・アート管理サブスクリプションサービス「美術倉庫」の運営  https://bijutsusoko.jp/
・between the arts gallery の運営
ホームページ: https://bwta.jp/
Instagram: https://www.instagram.com/between_the_arts/


■Art Technologies株式会社について
アートテクノロジーズは、未来の経済社会において文化をより一般化させ、アートのもつ課題を解決することを目的に、オフィス・店舗等の空間価値向上を目的とした「企業向けアート販売・サブスクリプション事業」「エキシビジョン・ギャラリー運営事業」「オフィスコーディネート事業」「個人向けコンサルティング事業」を展開しています。軸となるサービス「アートプレオプション」では、1,000円~/月で本格的なアートやデザイン家具のコレクションをレンタルすることができます。

【Art Technologies株式会社 会社概要】
設立:2019年1月9日
資本金:3億2900万円(内・資本準備金1億3700万円含む)
代表取締役:居松 篤彦
所在地:〒104-0003 東京都中央区日本橋横山町4−10
事業内容:
・アートサブスクリプション事業
・エキシビション・ギャラリー運営事業
・オフィスコーディネート事業
・個人向けコンサルティング事業
ホームページ: https://www.art-technologies.co.jp/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング